お金持ちの人が実践している「お金が貯まる心構え」とは

お金持ちになりたいと思っていても、現実はそう甘くはありません。お金持ちになるためには、あなたの思い込みや無意識に感じていること、実践していることを直す必要があるかもしれません。では、どうしたらそうなれるのでしょうか。今回は、仕事上で多くの富裕層と接してきた著者の経験から、お金持ちになるための心構えをご紹介します。

年収2000万円に憧れない

年収2000万円、と聞くとどう思いますか。「すごいお金持ちだな」と思いますか、それとも「たかが年収2000万円か」と思いますか。

続きを読む

多くの人は「すごいお金持ちだな」と思うでしょうが、それはあまりお金持ちになれる人の発想ではありません。なぜなら、「年収2000万円ってお金持ちだな」と思う人は、自分の中で上限を決めてしまっているからです。すると「年収2000万円もらえる=お金持ち」という方程式が自分の中でできあがってしまいます。

年収2000万円に憧れているうちは、年収2000万円を手に入れることができません。もっと高みを目指していて、その途中経過として2000万円というラインが見えてくるものなのです。

また、もう一つ違う見方もできます。「年収2000万円ってすごいな」と思っている人が次に思うのは「どういう仕事をしているんだろう?」「死ぬほど働いているんだろうな」ということだと思います。この発想も、ある意味で上限を決めてしまっていると言えます。

極端に言えば、仕事だけで2000万円を得る必要はありません、お金を得る方法はそれ以外にもあります。投資、ギャンブルなど色々な方法がある中で「労働でお金を得る」ことだけを思い浮かべた人は、今からちょっと発想を変えましょう。

何も投資やギャンブルを勧めるわけではありませんが、選択肢として知っておくべきことではあります。労働には限度があります。1日に働ける時間も、その企業によっては年次に対する給料が決まっていることもあります。この年齢ではどんなに頑張っても「この金額まで」という暗黙のルールがあることも多いのです。

それにひきかえ、投資やギャンブルにはそういう上限はありません。自分のやり方次第でいくらでも利益を得られる可能性があります。上限がない世界でお金を得るということもあるということを頭の片隅に置いておくといいでしょう。

  • 投資家デビューしたあなたへ! 脱・投資初心者のための資産形成講座 [PR]

古い価値観から脱却する

お金持ちになれない人の多くは、日本の古い価値観に縛られがちです。その最たるものが「清貧」という考え方。「貧しくても清らかに生きること」をよしとする考えでは、当然お金持ちになれません。

富を築いても清らかに生きることはできます。貧しいことで心が歪んでしまった場合に「貧しくても清らかに生きよ」と諭すのはありでしょうが、貧しくもなく心が歪んでいるわけでもない人に「貧しく、清らかに生きよ」と諭すことはないと思いませんか。

また、「若い時の苦労は買ってでもせよ」と言われることがありますね。これは、心にしまっておくべきときと、思い出して自分に言い聞かすべきときがあります。簡単に言ってしまえば、「しなくてもいい苦労はするな」ということです。

最近はよくブラック企業の話が出てきますが、それがいい例です。体調を崩すまでモーレツに働く必要はないので、「若い時の苦労は買ってでもせよ」という言葉はそっと胸にしまって、よりよい待遇で迎えてくれる会社へ転職を検討しましょう。

逆に、ここで頑張れば自分はきっと成長する、と確信が持てることについては頑張ってみるべきです。「若い時の苦労は買ってでもせよ」という言葉を思い出して、もうひと踏ん張りしてみましょう。

お金に対してポジティブな印象を持つ

そもそもお金持ちになれない人というのは、お金に対してポジティブな印象を持っていません。「お金より愛だ」という考え方もありますが、かといってお金のことを必要以上に貶める必要もありません。お金か愛かの択一問題かのように捉えてしまいがちですが、「お金も愛もどちらも大事だ」という結論も当然ありです。どちらか一方しか手に入れられないと考えているからこそ、どちらか一方しか手に入らないのです。

お金を持っている人に対しても、ポジティブな印象を持つことができない人も少なくないですよね。「意地汚いからお金持ちになれたんだ」と言ったり、「あんなにお金をもっていても、税金がかかって仕方ない」と考えてみたりして、なんとなく悪い印象に傾きがちです。前述のように、日本では清貧がよしとされる風習がありますが、今はそういう時代ではありません。

お金にネガティブな印象を持っているうちは、あなたのところにお金はやってきません。お金持ちに対して悪い印象を抱いているうちは、お金持ちになれません。

マイナスな感情を持っているものになろうと思っても無理ですよね。「意地汚いからお金持ちになれたんだ」と思っている人は、意地汚くならないとお金持ちになれないと思っていると同時に、意地汚くなることを嫌悪しているわけですから、とてもそうはなれないでしょう。別に意地汚いからといってお金持ちになれるわけではないのに、自分の思い込みでお金持ちになるために必要な条件を狭めているのです。

「~してはダメ」「~しなければならない」をやめる

最後は、「~してはダメ」とか「~しなければならない」と考えるのをやめることです。こういう言葉で自分を縛るのはかえって無駄を招くこともあるからです。よくあるのが、「やり始めたことは最後までやり通しなさい」ということ。この言葉に縛られると、「始めたからには最後までやり通さなきゃ」と自分を追い詰め、あらぬ方向へ進むことがあります。

本当のお金持ちは、途中で何度も軌道修正をします。莫大な富を築く経営者たちは、新規事業を始めても上手くいかないとわかったらすぐに撤退しますよね。この引き際が大事なのです。それなのに、「始めたからには最後までやり通さなきゃ」と思っていると、引くべきときに引けずに、負債ばかりが手元に残ってしまうのです。

「~してはダメ」とか「~しなければならない」という言葉に呪縛されるのはやめましょう。柔軟に方針転換ができたり、軌道修正ができたりすることも大事です。もし自分の言葉で自分を縛っているかもしれないと感じたときには、自分を解放してあげてくださいね。

まとめ

いかがでしたか。知らないうちに自分がお金持ちになる可能性にフタをしている人も多いと思います。自分の心構えを変えるだけで、色々なことがぐっと前に進むようになり、お金を引き寄せる行動ができるようになるはずです。お金持ちになりたければ、まずは自分の意識改革から始めてみてはいかがでしょうか。

大塚 ちえ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

FP保有の金融系ライター。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。