大学に進学したら教育費はいくらかかる? 私立と国立の授業料を見てみる

2019年度(平成31年度)の大学入試センター試験の確定志願者数と利用大学・短期大学数が、2018年12月7日に発表されました。志願者数は57万6,829人と前年度より5,842人減少し、現役志願率は前年度より0.6ポイント減の44.0%となった一方、利用大学数は過去最多の852校になっています。

受験生の皆さんにはぜひ頑張ってもらいたいものですが、おめでたい合格後に待ち受けるのが授業料などの経済的負担です。特に初年度は入学金や施設設備費などの費用に加え、私立大学では寄付金の納付もあります。では、大学の授業料はどうなっているのでしょうか。

続きを読む

私立大学の初年度納付額は

文部科学省が2018年12月26日に発表した2017年度(平成29年度)入学者の学生納付金等調査結果によると、私立大学(学部)の授業料は900,093円、入学料は252,030円、施設設備費は181,294円で、初年度学生納付金(授業料、入学料、施設設備費の合計)は1,333,418円。これに実験実習料等を含めると、初年度に納める総計は1,455,729円となります。

授業料は上昇基調

次に、過去40数年間の授業料を文部科学省の「国公私立大学の授業料等の推移」で見てみましょう。すると以下のようになります。

  • 1975年度 国公立大学:3.6万 私立大学:18.2万円
  • 1980年度 国公立大学:18.0万円 私立大学:35.5万円
  • 1985年度 国公立大学:25.2万円 私立大学:47.5万円
  • 1990年度 国公立大学:33.9万円 私立大学:61.5万円
  • 1995年度 国公立大学:44.7万円 私立大学:72.8万円
  • 2000年度 国公立大学:47.8万円 私立大学:78.9万円
  • 2005年度 国公立大学:53.5万円 私立大学:83.0万円
  • 2010年度 国公立大学:53.5万円 私立大学:85.8万円
  • 2015年度 国公立大学:53.5万円 私立大学:87.7万円

物価変動率などを考慮しなければいけないので、30〜40年前と単純比較するのは適切ではありませんが、授業料は総じて上昇基調にあります。

国立大学はもはや割安でもない?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。