世帯別平均貯蓄は1812万円! では中央値と世代別データを見てみると?

上記の結果では貯蓄の中央値は1074万円(貯蓄ゼロ世帯を含めると1016万円)でしたが、それでも「本当にみんなそんなに持っているの?」というのが実感かもしれません。特に子育て世帯は出費も多く、なかなか思うように貯蓄が増えませんよね。

では次に、金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成29年)」を使って、金融資産を保有する世帯の年代別金融資産保有額の中央値を見てみましょう。すると次のような結果になります。

20代の中央値:300万円(平均値:524万円)

30代の中央値:420万円(平均値:735万円)

40代の中央値:650万円(平均値:1014万円)

50代の中央値:1100万円(平均値:1689万円)

60代の中央値:1400万円(平均額:2062万円)

70代の中央値:1500万円(平均値:2512万円)

それでは、金融資産を保有していない世帯を含む年代別の中央値はどうなっているのでしょうか。

20代の中央値:77万円(平均値:321万円)
金融資産非保有割合:35.6%

30代の中央値:200万円(平均値:470万円)
金融資産非保有割合は33.7%

40代の中央値:220万円(平均値:643万円)
金融資産非保有割合は33.7%

50代の中央値:400万円(平均値:1113万円)
金融資産非保有割合は31.8%

60代の中央値:601万円(平均値:1411万円)
金融資産非保有割合は29.4%

70代の中央値:600万円(平均値:1768万円)
金融資産非保有割合は28.3%

30代の平均値は735万円ですが、中央値は420万円、金融資産非保有世帯を含めた中央値は200万円となり、やはり子育て世帯の貯蓄額は高いとは言えないようです。一方、60代の平均値は2062万円、中央値は1400万円、金融資産非保有世帯を含めた中央値は601万円で、退職金や子供の手が離れたことで自分たちの老後資金としての貯蓄額が増えているという印象です。

このように、日本では働き盛りの20~40代で貯蓄を増やすのは難しい様子が見て取れます。また、20~40代では金融資産非保有世帯も3分の1を超えているなど、貯蓄が困難な世帯はなかなか貯蓄ゼロ状態を抜け出せない傾向にあるようです。

まとめ

今回見た結果では、日本人の貯蓄額の平均は高齢者が押し上げており、働き盛りで貯蓄を増やすのは難しいようです。実際に貯蓄ゼロ世帯も少なくないことを鑑みると、退職金や老後の収入を得られる見込みがある場合は多少安心でしょうが、将来が不安な場合は若いうちから少しでも貯蓄を増やす工夫をする必要がありそうです。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。