神コミュニケーションができる人は何が違う? その5つの行動

「承認」とは何か

人は誰しも、誰かに認められたい、褒められたい、賞賛されたい、といった「承認欲求」を多かれ少なかれ持っています。そしてこの「承認欲求」を満たしてくれる人と出会ったり、話をしたりすると「この人とまた会いたい」「もっと話をしたい」と感じるのではないでしょうか。

アメリカ最大の心理学者とも言われるウィリアム・ジェームス氏は、「人間の持つ感情のうちで最も強いものは、他人から認められることを渇望する気持ちである」と指摘。「承認欲求」をかなえることで相手の根源的な欲求を満たし、ポジティブな影響を与える存在になれることを唱えています。

続きを読む

「この人とまた会いたい」「もっと話をしたい」と思われる神がかったコミュニケーション能力を発揮している人はきっと、無意識的もしくは意識的に相手を承認し、ポジティブな影響を与えているのでしょう。

「承認」と「褒める」は違う

「承認」と「褒める」をイコールと思われる方も多いと思いますが、「褒める」ことは、承認の1つの方法です。

「承認」とは「相手を認めること」で、以下に紹介するように様々な方法があります。承認をすることで相手の根源的な欲求を満たすことができますが、場面によって方法を変えることで、承認の効果はより高まります。ぜひ、下記の方法を参考にしてみてください。

神コミュニケーションの鍵を握る5つの承認

表情を意識して「挨拶」をする

挨拶はコミュニケーションの入口であり、承認の基本であると言われています。挨拶をかわし、会話をすることでお互いを承認することができ、良好な人間関係を築くことができるのです。

その際に特に注意したい点は「表情」です。下を向いてぶすっとした表情で「おはよう」と言われても「何か怒らせることをしちゃったかな」と相手に不快な思いをさせてしまうかもしれません。可能な限り、笑顔でアイコンタクトをしながら「挨拶」をすることをおススメします。

何度も「名前を呼ぶ」

思っている以上にインパクトが強いのが「名前を呼ぶ」という承認。承認は「存在承認」「行動承認」「結果承認」という3つに分けられるのですが、名前を呼ぶという行為は「存在承認」に分類され、「あなたの存在を認めてます」という強いメッセージに繋がります。

仕事や家庭で名前を呼ぶのが恥ずかしく、つい「おい」や「あの~」と言ってしまう方は、ぜひ今日から勇気を出して名前を呼んでみましょう。

相手の話を全力で「聴く」

売れる営業マンは「聴き上手」だとよく言われますが、なぜ話し上手より、聴き上手が良いのでしょうか。実は「きく」には、自然に耳に入ってくる音や情報を受け取る際に使われる「聞く」と、注意深く心を感じながら耳を傾ける際に使われる「聴く」があります。

「聞く」も承認の1つですが、全力で相手の話を「聴く」ことで、より相手へポジティブな印象を与えることができます。もし皆さんの周りで「この人聴き上手だな~」と思う人がいれば、ぜひ観察をしてみてください。

きっと、こまめに「そうなんですね」「そんなことがあったんですね」と相槌をうったり、時に相手の話に合わせて驚いたり、微笑みを浮かべたりして、相手の話しやすい環境を作っていると思います。

具体的に「褒める」

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
福島 知加

沖縄県出身。大学を卒業後大手教育関連企業での営業職、IT企業での採用・人材育成統括、就職支援機関でのキャリアコーチを経て独立。現在は中小企業の事業者様向けに人材育成や組織活性の人事コンサルティング、研修講師、キャリアカウンセリングを実施。年間で2000人程の支援に携わっている。また会社員時代から続けている女性向けプラットフォーム型大学「UPWOMAN大学」を主宰。プライベートでは2018年に8月に第一子を出産し育児にも奮闘中。