そろそろ長袖にシフト! インナーに便利なロンTをご紹介

インナーも抜かりなく

秋まではインナーとしての役割をかろうじて果たしてくれる半袖Tシャツも、冬になった途端に戦力外に。それを補完してくれるのが「ロンT」なわけですが、果たしてどんな物が良いのでしょうか?

今回は、ショップスタッフおすすめの「インナー使いに最適なロンT」をご紹介。今年注目されているワッフル素材から、軽アウターを脱いだ際に物足りなさを感じさせないロゴ物まで、参考にどうぞ。

ワッフル編みの弱点を解消

続きを読む

ボーダーのように等間隔で編み目を変えた『CURLY』のワッフル素材のロンT。生地特有の型崩れのしやすさを、ジャカード編みを採用することで克服した一枚です。

肌触りが良く暖かく、デイリーに着ても型崩れしにくく、ヘビロテするにふさわしい一枚です。レイヤード役としても、一枚着のスタメンとしてもぜひ。

まるでヴィンテージのような表情

『REMI RELIEF』のロンTは、ヴィンテージのTシャツを彷彿とさせるルックスが特徴的です。ただし古着とは違い今風のカッティングがされているので、ゆるく着こなすことができます。

ポケット口の上に施されたスケーターの刺繍も、脱力感があり程よいアクセント。 カラバリも4色と豊富です。

男らしさ漂うデザイン

工具メーカーのロゴをイメージしたロゴが特徴の『ROTAR』のロンT。ボディにはハリと強度のある5.6ozセミコーマのクルーネックを採用し、ヘビロテ使いに対応してくれる一枚に仕上がっています。

シルエットもベーシックで、レイヤードスタイルには最適ですよ。

ルーズだけど上品に見える一枚

『EDIFICE』オリジナルのロンTは、ゆとりのある身幅とボートネックの首元がラフな雰囲気を醸し出す一枚。着丈を短めに設定することで、野暮ったい印象を払拭し上品な面構えになっています。

カラバリは全4色。ご覧のオールドブラウン以外に、ベーシックカラーも揃っていますよ。

あとがき

ジャケットやブルゾンの下にそのまま着たり、ニットやスウェットの首元からちらりと覗かせたりと、様々な着こなしを楽しめるロンT。この機会に一枚いかがでしょう?

FACY

参考記事

FACY
  • FACY
  • 運営:STYLER Inc.

ファッションアイテムを購入したいユーザーと、アイテムを販売しているショップを直接つなげるファッションアプリ「FACY」のオウンドメディア。
コンセプトは「今ほしいものがみつかる、ショップスタッフがオススメしたものが集まるファッションメディア」。“今ほしい”を軸に、まとめ記事やショップインタビュー、コーディネートなどを配信しています。