親は頭が痛い!? 大人顔負け小学生のファッション事情

親が買ってきた服を何の疑問も持たずに着る、兄弟姉妹のいる家庭はすべてお下がりを着るのが暗黙の了解…。我々が小学生のころは、オシャレに興味もさほどなく、とにかく動きやすい服重視!の時代だったような気がします。

しかし時が過ぎ、最近では小学生のファッション事情は大きく変化を遂げたようです。そこで、今どきの小学生のファッションと、それに頭を悩ます親のエピソードを紹介します。

男の子はスポーツブランドに夢中

小学5年生の男の子を持つHさん。少年野球チームでショートを守っている子供は、とにかく元気いっぱい! 毎日服をドロドロに汚して帰ってくるのだとか。ここまで汚されると新しい服を買うのももったいない…とHさんは、もっぱら子供の服はリサイクルストアか友人の子供のお下がりを調達。古着とはいえ困らない量の服を持っています。

続きを読む

「でも、最近気づいたんです」とHさん。

「服はお下がりだけど、かなりの量を持っています。でも、息子が選ぶのはアディダスやナイキなどのスポーツブランドばかり! 他のものには見向きもしないんですよね」

気になって同級生の男の子をもつママ友に聞いてみると、さもありなん、という態度。

「そうなのよ。あのくらいの男の子って、どうもスポーツブランド系がカッコイイって思ってるみたいよ。うちの子もいつでもどこでもアディダスのジャージよ」

との返答でした。どうやら、小学生男子の一張羅はスポーツブランドなのかもしれませんね。

「なかには、すごくオシャレな子もいるんです」とHさん。

「チノパンにデニムのシャツとか、すごく素敵なコーデで登校するクラスメイトもいます。やっぱりお母さんたちの注目の的ですよ。『センスいいわね』って。でも、我が子にそんな格好させても、どうせドロドロにして帰ってくるんですけどね」

小学生女子は難しい

続いてご紹介するのは、小学6年生の女の子を持つMさん。彼女は開口一番、ため息交じりで呟きました。

「もう、制服にしてほしいです…」

なんでも、オシャレに目覚めたMさんの子供、毎日あーでもないこーでもない、とコーディネートに頭を悩ませているのだとか。

「購読している雑誌を熟読しては、ワードロープをひっぱりだしてきて、コーデを考えています。服は私が買ってきたのは気に入らないみたいで、『一緒に選ぶから勝手に買ってこないで』と言われちゃいました」

行き過ぎたオシャレに、たまに母娘間で派手なバトルが繰り広げられるのだとか。

「たとえばこの夏、娘が買ってほしいとおねだりしてきたのが胸元が結構広く開いたキャミソールでした。『絶対ダメ』というと『なんで?雑誌に載ってたのに』と食い下がる。

『そんな露出の高い服装で歩いていると、よくない気持ちを持った大人が寄ってくることもある。そう言って、かがんだときにどれだけ胸元があらわになるかを鏡で確認させたことも。あるときは、雑誌の付録についていたグロスを塗って登校しようとしたので、慌てて止めたこともあります」

高学年ともなるとオシャレに目覚める気持ちはよくわかる。クラスにファッションリーダー的な存在の子もいるし、可愛いもの、キレイなものを身にまといたい、オシャレしたい、って気持ちはよくわかるんです、とMさんは続けます。

「でも、親がしっかりと譲れない部分を持っていないといけないですよね。たとえば、学校にロングスカートで行ったり、キラキラしたカチューシャやリボンをつけて行こうとしたら注意します。

いつも『あなたが学校に行く本来の目的を忘れないこと。それを一番に頭に置いてオシャレを楽しみなさい』と伝えています。娘は『○○ちゃんは、マニキュアを塗って学校に行ってたのに』なんて不服そうですけどね」

TPOを教えるいいチャンス

流行りのもの、可愛いものを着たい、オシャレしたい、という気持ちが芽生えるのもある意味成長の証。この時期は「TPOをわきまえたファッション」を教える絶好のチャンスなのかもしれませんよ。

むやみに露出した服を着ると犯罪に巻き込まれる可能性があること、どうしてこの服はOKでこの服はNGか、ということをしっかりと説明してあげることが大事。しかし、子供の思いを尊重することと、子供の安全を守ることや学校の本来の目的を妨げないこと…この狭間で悩むママはますます増えそうな気がします。

大中 千景

ニュースレター

母親として、妻として、そして、ひとりの女性として、人の心に寄り添うような文章を発信していきます。