第一三共の給料はどのくらいか

企業年収給与研究シリーズ

シリーズでお伝えしている「企業年収給与研究」。最新の有価証券報告書をもとに注目企業の従業員の年収・給与や従業員数を見ていきましょう。今回は国内の製薬大手企業である第一三共です。

第一三共の平均年間給与はいくらか

第一三共(提出会社)の2018年3月31日時点での平均年間給与は 1103.9万円と1000万円を超えています。また、従業員の平均年齢は42.5歳となっており40歳を上回っています。平均勤続年数は18.5年となっています。

続きを読む

第一三共の従業員数は何人か

有価証券報告書の提出会社(単体)の従業員数は2018年3月31日時点で5357名。単体で5000人以上の従業員数がいます。単体のセグメント別従業員数は以下の通りです。

  • 医薬事業:5357名

また、連結の従業員数は1万4446名。セグメントごとの内訳は以下の通りです。

  • 医薬事業:1万4446名

過去5年間の業績動向

第一三共連結の過去5年間の業績動向についてみていきましょう。

売上収益については、過去5年間についていえば概ね増収傾向となっています。2014年3月期に8991億円であったのが、2018年3月期には9601億円にまで拡大をしています。とはいえ、売上収益は1兆円には届かず、レンジ内の推移ともいえるかもしれません。

税引前利益については、2016年3月期に1223億円を達成しているものの、2018年3月期には810億円となっています。

親会社の所有者に帰属する当期利益については、2015年3月期に一時的に3221億円を達成していますが、2018年3月期の602億円は2014年3月期の609億円と同水準です。

今後の注目点

第一三共では「がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業」となることを目標とする「2025年ビジョン」に向けて取り組んでいます。その中のキーワードは、がん事業を中心とする「スペシャリティ領域」、各国市場に適合した「リージョナルバリュー製品」、そして「スタンダードオブケア」を変革する先進的な製品・パイプラインです。

現在は2016年度から2020年度の5か年計画である「第4期中期経営計画」に取り組んでいます。その内容としては、高血圧症治療剤オルメサルタンのパテントクリフ(特許の崖。特許満了による売上と利益の減少のこと)とその後の持続的成長基盤の確立に取り組んでいます。

まとめにかえて

年収や給与といった金銭面での条件は仕事をする人にとっては誰もが気になる要素ではないでしょうか。金銭面での処遇以外にも、働きがいや働きやすさといった職場環境が大事なのは言うまでもありません。

ただ、年収や給与などの「お金」の話は親しい仲でも聞きにくいというのが実際ではないでしょうか。こうしたデータが就職活動や転職活動の参考になれば、幸いです。

【注意点】有価証券報告書における年間平均給与及び従業員数について

平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでいます。また、従業員数は、社外からの出向者を含み、社外への出向者は含みません。

【ご参考】有価証券報告書とは

日本証券業協会によれば、有価証券報告書は「金融商品取引法に基づいて上場会社が事業年度ごとに作成する会社内容の開示資料です。株式を上場している会社は、各事業年度終了後、3か月以内に財務局長および上場証券取引所に有価証券報告書の提出が義務付けられています」とされています。

LIMO編集部

ニュースレター

PR

LIMO編集部

LIMO編集部は、国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーを中心に構成されています。金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。