お金持ちになる人の4つの特徴~多くの富裕層を見てきた金融機関OLが語る

たとえば、金融機関へ来ると自分の資産を誇張するような発言をする人もいます。「お金なんてどれだけ持っていてもそんなにいいもんじゃないよ」と言ってみたり、「お金はあるんだけどいい投資先がなくてね~」などと、営業マンに”お金はたくさんありますよ”というアピールをするのです。しかし、そういう人は確かに普通の人よりはお金を持っていますが、突き抜けたお金持ちというわけではありません。

金融機関に勤めていると想像もつかないような金額をポンと入金してきたり、あっさり取引してくれたりする人を多く見ます。そういう人ほど手がかからないというのはよく聞く話です。金融機関のコールセンターに電話をしてきて、アレコレと聞いてくるだけでなく文句を言ったりクレーマーになったりするような手がかかるお客さんほど、お金持ちではない人が多いのです。

せめてお金がなくても心が貧しくなるようなことのないようにしたいものです。

見た目には「お金持ち」らしき特徴がない

お金持ちがひょっこり現れるのも金融機関ではよくあることですが、そういう人の見た目は他の人と何ら変わりはありません。そんな一見普通の人が普通にやってきて、何億円というお金を動かすということもよくあります。この人が?と不思議に思うくらいです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 大塚 ちえ
  • コラムニスト/ファイナンシャルプランナー

AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)資格保有。新卒から一貫して証券会社に勤務し、国内株やFX、CFD、先物・オプションなどデリバティブ商品の営業企画に従事。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。「くらしとお金の経済メディア LIMO」のほか、「Mocha」「DRESS」「CHANTO WEB」などに執筆。