クルマも歩行者もイラつかせる我が物顔の自転車乗り

ビジネス、今日のひとネタ

近年はロードバイクブームなどもあり、自転車通勤をしている方も多いのではないでしょうか。健康的で交通費を浮かせられるなどメリットも多い自転車ですが、一方で、自動車のドライバーからも歩行者からも疎まれるというケースも多いようです。ここではそうした自転車をめぐるさまざまな反応を見てみましょう。

ドライバーからの厳しい声

自転車は、人力車やリヤカーなどと同じ「軽車両」の一種なので、原則として車道を走らなければなりません。加えて、車と同様に左側を通行する必要があります。しかし、道路の左側を走らない、いわゆる「逆走」状態で車道を走る自転車もしばしば見かけます。

続きを読む

クルマを運転する側からすると、「並走している状態でも自転車と接触しそうで怖い」という人もいるだけに、逆走となればたまったものではありません。また、交差点で曲がろうとする際(とくに左折時)にクルマと接触事故を起こす自転車も多いようです。

ドライバーからは、危険な走り方をする自転車に対して、

・死にたいとしか思えない
・チャリンコ乗ってるやつは全体的に意識低すぎ
・ぶつかったら大半がこっちのせいになるし、近づいてくんな

といった厳しい声もあります。

歩行者からの辛辣な声

一方で、歩道を走っている自転車も多く見られます。「自転車がすぐ脇を猛スピードで通って行き、ヒヤッとした」なんて人も多いのではないでしょうか。そもそも、自転車が歩道を走行するのはルール違反で、やむを得ず歩道を走る際は「歩行者優先」でなくてはなりません。

また、歩道を走る自転車が後ろからベルを鳴らして歩行者をどけさせる、という行為もよく見かけますが、歩道でのベルは原則使用禁止です。

このように、我が物顔で歩道を走る自転車も多く、歩行者からは、

・歩道を走るの自体、厳禁にすべき
・痛い目に遭いたくないから避けるけど、ずうずうしいことこの上ない
・つつましく車道の端っこを走ってろ

など、こちらも辛辣な声が上がっています。

まだまだある自転車の危険走行

ほかにも、スマホを見ながら走行したり、イヤフォンで音楽などを聴きながら走ったりする危険な自転車などは、車道でも歩道でも見受けられます。雨の日が多いこの時期だと、傘をさしながら走っている自転車も見かけますが、これも実はルール違反。

それ以外にも、無灯火や飲酒運転、自転車同士の並走など、危険な運転を挙げていけばきりがありません。

最近では、自転車専用レーンが整備された道路も増えてきてはいますが、自転車はその手軽さゆえに、「歩きの延長」のような感覚で乗っている人も少なくありません。こうしたことから、「自動車同様、免許制にするべきだ!」といった声も多く見られます。

善良な自転車乗りが感じる悲哀

とはいえ、自転車に乗っている人すべてのマナーが悪い、というわけではもちろんありません。ロードバイク・ママチャリといった自転車の種類にかかわらず、マナーを意識して乗っている人のほうがむしろ多いぐらいです。

こういった「善良な自転車乗り」の人たちからすると、マナーがなっていない人たちのせいで自分たちまで肩身の狭い思いをすることとなってしまい、迷惑千万な話ともいえるでしょう。「ドライバーからも歩行者からも邪魔者扱いされる」「ルールを守って車道を走っていても、クルマからクラクションを鳴らされてしまう。一体どこを走ればいいの……?」と、半ば困惑する声もあります。

最近では、自転車のマナーに関する講習が各自治体で開かれるなど、ルールの周知が行われてもいます。クルマに乗る人・自転車に乗る人・歩行者の三者それぞれが快適に移動できるような日が早く訪れることを期待したいところです。

クロスメディア・パブリッシング

ニュースレター

クロスメディア・パブリッシング

2005年創業。ビジネス書・実用書を中心とした書籍出版や企業出版、メディア・コンテンツ事業、デザイン制作事業などを手がける。

主な刊行書籍に、20万部突破の『誰からも「気がきく」と言われる45の習慣』をはじめ、『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』 『起業家のように企業で働く』 『すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術』 『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』 『自分を変える習慣力』 『鬼速PDCA』など。