浮気女は貯金できない? アラサーOLが見つけたお金と恋愛の関係とは

お金と恋愛って似ていると思いますか。2つは一見、全く別物のように見えて、実は人間の欲望を大きく揺さぶるという点で非常に似ているとも言えます。

お金のことで失敗するときには、恋愛も失敗する。逆に、どちらかがうまくいくときはもう一方もうまくいく。そう主張するのは金融機関で働くアラサー女性です。彼女はこれまで恋愛のいろいろな話を聞いてきて、お金と恋愛の間にはいくつかの関係があると言います。そこで今回は、そんなアラサーOLが見つけたお金と恋愛の関係についてご紹介します。

続きを読む

恋愛で失敗する理由と貯金に失敗する理由は同じ

恋愛で失敗したなと思ったとき、貯金も失敗することが多いというのは彼女の持論です。そもそも恋愛も貯金も、失敗する理由は同じことなのだと言います。たとえば、予算を守れずに家計管理ができず、赤字になってしまって貯金できないという人。予算という決め事が守れないというルーズさ、自分への甘さが根本にあることが原因です。

恋愛においても自分かわいさに相手を傷つけてしまったり、相手の気持ちを考えた思いやりのある行動ができていなかったりといった可能性があります。彼女は恋人にフラれる少し前から貯金がうまくできず、赤字が続いていたと気づいたときにこのことを悟ったと言います。

相手に甘えてしまって、言いたい放題、やりたい放題で過ごしていたことも後悔していました。相手の懐の大きさに油断して、自分をうまくコントロールできていなかったことで恋人との溝が深まってしまい、2人の関係は破綻。それは恋愛だけでなく、お金の使い方にも明らかに表れており、自分の欲しいものを考えもなしに購入していた時期と重なるのだと言います。

不倫する人は貯金ができない?

また、不倫する人は貯金が苦手だというのも彼女が感じたことです。「不倫」という行為自体、社会的には許容されることではなく、将来的には大きな損害を被る可能性が高いですよね。相手の配偶者に不倫の事実がバレてしまえば、慰謝料を請求されたり、社内不倫なら配偶者から会社へ連絡がいき、ともに降格や解雇など不利な状況に置かれたりする可能性もあります。

また、家族に見放されたり両親に勘当されたり、友人にその事実が知れ渡った場合いつまでも後ろ指をさされる可能性もあるでしょう。ただ、普通に考えればこうしたさまざまな損害はすべて予想できることですよね。そういった将来のことを考えない姿勢が、貯金にもつながってくるのだと言います。

先のことを考えて今の行動を変える、よりいいものに変化させるということができないため、不倫関係のことを「ダメなこと」であると認識したとしてもやめることはありません。貯金も将来のことを考えて、お金を貯めますよね。無駄な買い物や散財は、先のことを思えば当然「ダメなこと」だとわかるはずなのに、無駄な買い物をやめようとしない。

これではいつまで経っても将来を見据えた行動をとることができず、不倫している自分、無駄遣いしている自分に甘んじてしまうというわけです。

「デートは割り勘派」の男性のほうが資産形成が得意?

デートは割り勘、ということがわかるとほっとするという彼女。デートですべて奢るという男性は見栄っ張りであり、自分の収入に見合わないものを欲しがる傾向があると言います。

見栄っ張りと資産形成はほとんど対極の位置にあり、資産形成をするには本当に必要なものを見極めて投資する必要がありますよね。自分にとって必要な投資なのかを考えられる思考回路ができているかどうかの違いではないかと彼女は考えているようです。

また、別の見方もできます。交際に至るかどうか、もしくは結婚するかどうかもわからない相手に対して必要以上に投資するのはハッキリ言って合理的ではありません。それはお金の世界で言えば、成功するかどうかも読めず、中身もろくにわからない金融商品に必要以上の投資をするのと同じこと。

お金のことなら「そんなの絶対にやめておいたほうがいい、と言われるものなのに、それがデートになると事情が違うのはなんだかよくわからない」と言う彼女は、結婚するなら絶対に初回のデートから割り勘にしてくれる人がいいと言います。奢るよ、という男性には男気はあるかもしれませんが、恋人や結婚相手にするには少し厄介かもしれませんね。

結局本命になれるのはお金の使い方がうまい人

最後は本命になれる女性となれない女性の差についてです。女性が男性を選ぶとき、収入を見るというのはよく言われる話です。一方、男性が女性を選ぶときにも、本命になるのはお金の使い方がうまい人だと彼女は主張します。お金の使い方がうまいというのは結婚相手として重要な能力であり、生涯をともにするパートナーとして信頼を勝ち取る非常に有力で重大なスキルの1つというわけです。

また、お金のように限りある資源を、多くの人が幸福になれるように振り分けることができるという点も非常に評価されるはずです。お金には当然限りがあります。彼女曰く、本命女性になれる人は「それをどう配分したら、みんながハッピーな気持ちになれるのだろうか」と考えるクセがついていて、少しずつみんなをハッピーにしていくのです。確かに、そんな相手だったらぜひ結婚したいですよね。

まとめ

いかがでしたか。お金と恋愛って一見関係なさそうに見えますが、意外と共通することがあるもののようです。彼女が言うように、お金が貯まらないのも、恋愛がうまくいかないのも、同じことが原因ということも多いんですよね。どちらかがうまくいかないと思ったら、そのときの状況を詳しく振り返ってみてください。何かが掴めるかもしれませんよ。

大塚 ちえ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 大塚 ちえ
  • コラムニスト/ファイナンシャルプランナー

AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)資格保有。新卒から一貫して証券会社に勤務し、国内株やFX、CFD、先物・オプションなどデリバティブ商品の営業企画に従事。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。「くらしとお金の経済メディア LIMO」のほか、「Mocha」「DRESS」「CHANTO WEB」などに執筆。