日本人は果物を食べなくなった!? 「もぐもぐタイム」でイチゴは注目されたが

減少が続く国内のイチゴ消費量

平昌五輪で女子カーリングは初の銅メダルを獲得

早いもので、日本人選手が大活躍した平昌オリンピックの閉会から3週間強が過ぎました。私たちを興奮させた様々なシーンは、まるで昨日のことのような印象があります。皆さんはどの競技、どのシーンが印象に残ったでしょうか。

銅メダルを獲得した女子カーリングも、多くの人に鮮烈な印象を残したのではないでしょうか。カーリングとしては史上初のメダル獲得となった上、日本にとって今大会で最後を飾る13個目のメダルになったのも記憶に新しいところです。

続きを読む
  • 投資家デビューしたあなたへ! 脱・投資初心者のための資産形成講座 [PR]

女子カーリングの「もぐもぐタイム」は大きな話題に

また、女子カーリングは競技結果以外でも大きな話題を提供してくれました。

その1つが、ハーフタイム(通称「もぐもぐタイム」)中に栄養補給として摂取していた“おやつ”です。選手たちが食べていた北海道のチーズケーキ菓子『赤いサイロ』は、テレビ中継の翌日に売り切れとなる大人気となりました。

美味しそうに頬張っていたイチゴに注目集まる

その「もぐもぐタイム」でもう一つ大きな注目を集めたのが、選手たちがおいしそうに頬張っていた苺(イチゴ)でした。イチゴは韓国で購入したようですが、あの大きな真っ赤なイチゴは、カーリングの試合内容と同じくらい話題になったようです。

あのイチゴを見て“あー、美味しいイチゴが食べたい”と思った人も少なくないのではないでしょうか。

なお、「もぐもぐタイム」で食べたイチゴが話題となった後、斎藤農水相が「以前に日本から流出した品種をもとに、韓国で交配されたものが主だ」と指摘し、日本の品種保護を強化していく方針を示すなど、ちょっとキナ臭い話が出たことも注目を集めました。

また、その後に国内で開催された競技大会では、JA全農から国産イチゴが提供されており、今はちょっとした“イチゴブーム”と見られます。

3月と4月はイチゴの年間販売の約50%を占める最盛期

スーパーマーケットの生鮮果物売り場に行くと、様々なイチゴが並んでいます。日本国内におけるイチゴの販売は、毎年11月に始まって翌年6月まで続くようですが、3~4月はまさしく旬と言えます。

実際、平成28年の統計数値によれば、イチゴの年間販売に占める3~4月分の割合は51%(数量ベース)、46%(金額ベース)に上りました。金額ベースがやや少ないのは、クリスマスケーキ向け需要が多い12月に高値を付けるケースが多いと推測されるためです。

減少傾向に歯止めがかからない国内のイチゴ消費量

ところで、国内のイチゴの消費量(消費量=購入量としています、以下同)はどのように推移しているかご存じですか?

結論から言うと、減少傾向が続いており、特にここ数年間は過去にない低水準となっています。まずはその推移を見てみましょう。左から、年、世帯当たり年間購入量、購入金額、100gあたり単価です。

  • 1986年:4,806(g)、4,442(円)、92.4(円/100g)
  • 1990年:4,511(g)、4,770(円)、105.7(円/100g)
  • 1995年:3,817(g)、4,509(円)、118.1(円/100g)
  • 2000年:4,060(g)、4,969(円)、122.4(円/100g)
  • 2005年:3,594(g)、4,153(円)、115.6(円/100g)
  • 2010年:2,952(g)、3,242(円)、109.8(円/100g)
  • 2011年:3,116(g)、3,376(円)、108.3(円/100g)
  • 2012年:2,515(g)、3,110(円)、123.7(円/100g)
  • 2013年:2,794(g)、3,287(円)、117.7(円/100g)
  • 2014年:2,567(g)、3,254(円)、126.8(円/100g)
  • 2015年:2,542(g)、3,353(円)、131.9(円/100g)
  • 2016年:2,269(g)、3,215(円)、141.7(円/100g)

注1)総務省「家計調査」1世帯当たり年間の品目別支出金額,購入数量及び平均価格(2人以上の世帯)
注2)2000年以前は集計対象がやや異なるため完全な連続性はない

このように、購入数量、購入金額ともに減少傾向にあることが見て取れます。特に、購入数量の落ち込みは大きく、2016年は過去最低水準を更新し、確認できる範囲でピークだった1986年の半分にも満たない状況です。

一方で、単価は上昇基調が続いており、高級品への関心が強いことが伺えます。いずれにせよ、少なくとも統計データを見る限り、日本人は年々イチゴを食べなくなったと言えるのです。

摂取高が減っているのはイチゴだけではない

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。