【日経平均株価】米国長期金利が4年ぶりの水準に上昇。米株安で日本株はどう動く?

【株式テクニカル分析】個別銘柄の物色にはチャンスか

米国長期金利の上昇で、米株、日本株ともに大幅下落

2018年2月2日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日より211円58銭安の23,274円53銭となりました。1月23日に24,124円と、終値ベースで2万4000円台に乗せたものの、その後は6日続落。31日にはザラバの安値が23,092円と、2万3000円割れに迫りました。2月1日には反発するものの2日にはまた下落しました。

大きな要因となっているのが、米国をはじめ欧米の主要国で長期金利が上昇していることです。1日のニューヨーク債券市場では、米長期金利の指標である10年物国債利回りが2.79%と2014年4月4日以来ほぼ3年10か月ぶりの水準に上昇しました。

続きを読む

長期金利が上昇すると、債券などと比較した株式の割高感が意識されやすくなります。これまで米国をはじめ、欧州や日本なども含め、先進国では低金利が株高を支える構図になっていましたが、それが崩れる可能性もあります。

2日の米株式市場では、ダウ工業株30種平均が前日比665ドル安となりました。ダウ平均に採用されている30銘柄すべてが下落しています。

2日には1月の米雇用統計が発表されました。平均時給が伸びたことから、米連邦準備理事会(FRB)が利上げを急ぐとの見方が広がり、米長期金利は一時、2.85%と約4年ぶりの水準に上昇しました。雇用統計が市場予想を上回ったにも関わらず、株価が下落するという、判断が難しい局面です。

日本株にとって気になるのが為替の動向ですが、2日のニューヨーク外国為替市場で円相場は3日続落し、1ドル=110円10~20銭で取引を終えています。足元では円安局面ですが、週明けの日経平均は米株の下落に連れ安となる可能性のあるため、注意が必要です。

ただ、米国、国内ともに企業の業績は好調なことから、ここからつるべ落としのように下落するよりは、高値圏でのもみ合いが続くのではないでしょうか。個別銘柄の物色にはチャンスと言えるでしょう。

25日移動平均線を割り込むが、下値の堅さは感じさせる

先週の動きをテクニカル面から振り返ってみましょう。大きなポイントは、30日に25日移動平均線を割り込んだことです。昨年の12月以降、下値サポートラインとして機能していました。

31日にはザラバでは陽線となる局面もありましたが、結局は上ヒゲの長い陰線となり下落。翌2月1日にも、陽線となって25日移動平均線の回復に向かう動きとなりましたが、25日移動平均線付近で上値を押さえられ、再び下落しました。

中期的には上昇のトレンドは変わらず、押し目買いを狙いたい

今週の動きはどうなるでしょうか。25日移動平均線を割り込んだことから、積極的に買いに出るのはためらわれるところです。ただ、1月31日にザラバで23,092円まで下げながらも、そこから反発しているところには底堅さを感じます。

中長期的に見ると、依然として2016年6月以降の強い上昇トレンドの中にあります。25日移動平均線は割り込んだものの、まだ25日移動平均線、75日移動平均線ともに上昇しています。

また、昨年の11月以降、何度もトライしてようやく超えた2万3000円のラインがあります。ここはかなり強い下値支持線となっており、先週もサポートされました。ここを割り込まない限りは、押し目買いの好機と考えていいと思います。ただし、直近は2万3000円と2万4000円の間でもみ合うことも考えられます。

上値めどとしては、25日移動平均線と先週の高値が重なる23,500円付近、1月23日の下落からの半値戻しの23,600円付近となるでしょう。もちろん、再度2万4000円台を回復するようであれば、積極的に付いていきたいところです。

下原 一晃

ニュースレター

下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。
株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。
日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。