親の施設入所を考えたとき、心配になるのが「費用」のこと。

「正直、費用の援助は難しい。できれば親の年金だけで入れるところを探したい」と考える方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は、年金だけで入居できる公共高齢施設と施設のメリット・デメリットについて紹介します。

※編集部注:外部配信先では図表などの画像を全部閲覧できない場合があります。その際はLIMO内でご確認ください。

1. 【老齢年金】厚生年金・国民年金の平均受給額

厚生労働省が公表する「令和3年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、2021年度末の平均年金月額は以下のように推移しています。

1.1 【厚生年金保険(第1号)受給者】平均年金月額

※国民年金(基礎年金)月額を含む

● 2017年度:14万7051円
● 2018年度:14万5865円
● 2019年度:14万6162円
● 2020年度:14万6145円
● 2021年度:14万5665円

1.2 【国民年金(老齢年金・25年以上)受給者】平均年金月額

● 2017年度 5万5615円
● 2018年度 5万5809円
● 2019年度 5万6049円
● 2020年度 5万6358円
● 2021年度 5万6479円

2. 高齢者施設の入居にかかる費用

ITTIGallery/shutterstock.com

さて、老人ホームに入居する際の費用は、契約時に支払う「初期費用(入居一時金)」と毎月支払う「月額費用」の2種類があります。

そのほかにも食費や医療費、日常生活費などの費用もかかりますので、年金で無理なく費用を支払える施設を選ぶことが大切です。