仮想通貨に持つイメージは「危険」「怖い」「不安定」などネガティブ?

マーケティングリサーチのマーシュは、全国20代~50代男女を対象とした「お金と仮想通貨に関するアンケート調査」を実施し、このほど公開した(有効回答数800)。

まず、普段の買い物で実際に使っている支払い方法(複数回答)については、「現金」が97.4%、「カード類(クレジット、デビット、プリペイド、電子マネーのカード等)」が83.1%、「モバイル端末(支払い機能のある携帯電話、スマートフォンなど)」が15.3%という結果となった。モバイル端末での支払いは「機能がある」との回答は全体の24.6%であったものの、実際に使っていると回答した人は15.3%に留まった。

続きを読む

一方「仮想通貨」の認知度については、「詳しく知っている」が8.0%、「なんとなく知っている」が40.0%」、「言葉だけ聞いたことがある」が35.5%、「知らない」16.5%となった。

また「仮想通貨」という言葉から連想する言葉について、モノの名前、イメージ、印象、感情など種類にこだわらず1つだけ回答してもらったところ、最も多かった回答は「ビットコイン」で、全体のおよそ4割を占めた。

また「危険」「不安定」「怪しい」「怖い」「詐欺」といった、ネガティブなイメージのワードを上げた回答者は全体の約3割にのぼった一方、「便利」「未来的」「革命」といったポジティブなワードを挙げた回答者は3%にも満たなかった。その他に少数の回答としては、「仮のお金」「電子マネー」「投機」「ネット」「ゲーム」「見えない価値」「価格変動」といったワードが挙げられた。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。