クックパッド、料理動画事業に本格参入。参画の流通チェーンは?

クックパッドは2017年12月より、更なるサービスの充実を目的とし、料理動画事業に本格参入することが決定したと11月9日に発表をしている。

料理動画事業の新サービス第1弾として2017年12月1日(金)より、各流通チェーンの販売計画と連動した料理動画の配信を行う『cookpad storeTV(クックパッド ストアティービー)』の展開を開始。

『cookpad storeTV』は、スーパーマーケットなどの流通企業と連携した新サービス。店舗の生鮮売場に、クックパッドがオリジナル開発したサイネージ端末を設置し、店舗の販売計画と連動した料理動画を配信する。

続きを読む

生活者は店舗で買い物をしながら、食材・商品の調理法や使い方を料理動画で把握することができるため、商品の購買促進につながる狙い。

2017年8月より、全国100店舗においてトライアルを実施しており、効果検証が完了したため、2017年12月より本格的に始動し、年内に全国のスーパーマーケット約1,000店舗に約3,000台のサイネージ端末を設置する予定。

11月9日時点での実施予定の流通チェーンは以下の通り。

イズミ、光洋、バロー、阪急オアシス、ベルク、マックスバリュ東海、マルエツ、ユニー、ヨークベニマル、ライフ、ラルズ(五十音順)

ECなどの普及によりGMSは食品部門が差別化する事業領域となっている。今後食品部門を活性化させるためにテクノロジーを活用することで消費者に対してどのように魅力的な売り場提案ができるのかに注目だ。

LIMO編集部

ニュースレター

PR

LIMO編集部

LIMO編集部は、国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーを中心に構成されています。金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。