良品計画が爆騰! 一時20,200円台の日経平均は横ばいに

【東京株式市場】2017年6月5日

株式市場の振り返り-日経平均株価はほぼ横ばい、一時は20,200円台乗せ

2017年6月5日(月)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 20,170円(▲6円、▲0.03%) わずかながら3日ぶり反落
  • TOPIX 1,609.9(▲2.2、▲0.1%) 3日ぶり小反落
  • 東証マザーズ総合指数 1,122.6(+12.3、+1.1%) 反発

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:829、値下がり銘柄数:1,070、変わらず:118
  • 値上がり業種数:14、値下がり業種数:19
  • 年初来高値更新銘柄数:256、年初来安値更新銘柄数:12

東証1部の出来高は16億4,811万株、売買代金は2兆3,784億円(概算)となり、いずれも先週末より大幅減少となりました。先週の日経平均株価20,000円回復がやや急ピッチだったため、海外市場の動きを見極めようとする模様眺めムードが強まりました。ただ、値嵩株の取引が多かったため、売買代金が2兆円を割り込むことはありませんでした。

続きを読む

日経平均株価は寄り付き直後に一時▲73円安となる場面が見られましたが、それ以降は先週末終値を挟む攻防となりました。後場は一時+47円高(年初来高値を更新)となるなど上値を試す場面が見られましたが、大引けに掛けて失速して引けています。結果は、わずかながら下落でしたが、ほぼ横ばいと言っていいでしょう。

なお、TOPIXも同じような値動きになりました。

  • 世界時同時に株価暴落中!いまこそ口座開設で株を買う準備を

東証マザーズ総合指数は反発、売買代金は1,000億円超の高水準を維持

東証マザーズの出来高は9,330万株、売買代金1,226億円となり、いずれも先週末より減少となりました。大型株市場同様に、新興市場でも様子見スタンスが強まりましたが、相応の商いはあったようです。

なお、総合指数は、先週末比+1%超高の反発となり、1,100ポイントを維持して引けました。新興市場は、再び物色テーマの登場が待たれます。

ソフトバンクG、花王、良品計画など大幅高、SUBARUなど自動車株は総じて大幅下落

個別銘柄では、ソフトバンクグループ(9984)、東京エレクトロン(8035)、キーエンス(6861)などが大幅高となり、いずれも年初来高値を更新しました。また、花王(4452)も急騰して上場来高値を付けるなど、内需関連株の一角が買われる展開が目立っています。

その他では、良品計画(7453)が+5%超高となる爆騰となり、ニトリホールディングス(9843)も急騰して、いずれも高値更新となりました。

一方、円高進行などを背景に、SUBARU(7270)、トヨタ自動車(7203)、マツダ(7261)など自動車株が軒並み大幅安となりました。

また、三井不動産(8801)などの不動産株、野村ホールディングス(8604)や三井住友フィナンシャルグループ(8316)など金融株も冴えない値動きで引けています。

新興市場では、サイバーステップ(3810)が値を飛ばしてストップ高となり、ミクシィ(2121)も値を上げて年初来高値を更新しました。一方、窪田製薬ホールディングス(4596)など医療バイオ関連銘柄が総じて安く引けています。

青山 諭志

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。