一般人とは縁遠い印象のある「富裕層」。

「富裕層になるのは生まれ持ったものが違う」「運がいい人が富裕層になれる」など、自分たちとは違う世界の人のように感じてしまうかもしれませんね。

しかし、富裕層と呼ばれる方々の何気ない考え方や行動が、彼らを富裕層に導いた部分があるというのも事実でしょう。

いきなり富裕層にはなれませんが、富裕層の行動には見習いたいポイントが多くあるものです。今回は筆者が証券会社時代に感じた、富裕層がおこなう自然とお金を呼び込む行動をご紹介します。

世界からみると日本の富裕層の割合は何パーセントか

まずは富裕層がどれくらいいるのか見ていきましょう。

クレディ・スイスの「グローバル・ウェルス・レポート 2021」によれば、2020年の国別の米ドル建てミリオネア(100万米ドル超の富を有する成人の数)の割合は以下の通り。

出典:クレディ・スイス「グローバル・ウェルス・レポート 2021」

  1. アメリカ:2195万1000人(39%)
  2. 中国:527万9000人(9%)
  3. 日本:366万2000人(7%)
  4. ドイツ:295万3000人(5%)
  5. イギリス:249万1000人(4%)
  6. フランス:246万9000人(4%)など

世界のミリオネアの人数は5608万4000人。

最もミリオネアが多いのはアメリカで約4割をも占めていました。次に中国で約1割。日本は3位で7%です。日本の人口を考えると、思ったよりもミリオネアが多い印象ですね。