ソフトバンクG大幅安、自動車株下落。日経平均は5日ぶり反発

【東京株式市場】2017年4月17日

株式市場の振り返り-日経平均は5日ぶりの反発、売買代金は今年最低を記録

2017年4月17日(月)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 18,355円(+19円、+0.1%) 5日ぶり反発
  • TOPIX 1,465.6(+6.6、+0.5%) 5日ぶり反発
  • 東証マザーズ総合指数 991.7(+20.5、+2.1%) 大幅反発

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,395、値下がり銘柄数:511、変わらず:109
  • 値上がり業種数22、値下がり業種数:11
  • 年初来高値更新銘柄数:23、年初来安値更新銘柄数:392

東証1部の出来高は14億5,429万株、売買代金は1兆6,337億円(概算)となり、いずれも先週末より大幅減少となりました。北朝鮮問題を始めとする地政学リスクの高まりに加え、復活祭休暇で海外投資家の参加が少なかったことで、厳しい閑散相場となりました。

続きを読む

売買代金は今年最低を記録し、出来高も2番目に低い水準です。多くの投資家が動くに動けなかったと見られます。

日経平均株価は寄り付きから安く推移し、前場の半ばには一時▲110円安(年初来安値を更新)まで下落しました。しかし、後場に入ると先週末終値を挟んだ攻防となり、最後は小幅ながら高値引けとなっています。ただ、今年初の5日続落は回避したものの、力強さは全く見られなかったと言えましょう。

なお、TOPIXも同じような値動きとなりましたが、上昇率は日経平均株価を大きく上回りました。

  • 世界時同時に株価暴落中!いまこそ口座開設で株を買う準備を

東証マザーズ総合指数は大幅反発、模様眺めムードは変わらず

東証マザーズの出来高は9,917万株、売買代金1,065億円となり、いずれも先週末並みでした。閑散相場ではありませんでしたが、基本的には個人投資家にも模様眺めムードが広がっているようです。

総合指数は大幅反発となりましたが、新興市場の盛り上がりには目新しい物色テーマの登場が待たれます。

ニトリHDなど小売株が堅調に推移、ソフトバンクグループは大幅下落に

個別銘柄では、任天堂(7974)が大幅高となり、日本電産(6594)も大きく値を上げました。

また、小売株に上昇が目立ち、ニトリホールディングス(9843)、ジンズ(3046)、ユニー・ファミリーマートホールディングス(8028)などがいずれも大幅上昇となっています。

その他では、キリンホールディングス(2503)など食品株が堅調に推移しました。

一方、ソフトバンクグループ(9984)が大幅下落となり、先週末に逆行高となったファーストリテイリング(9983)も値を下げました。また、円高進行を背景にマツダ(7261)やSUBARU(7270)など自動車株も下落が目立っています。

新興市場は、ラーメン店「一風堂」を展開する力の源ホールディングス(3561)が久々に値を飛ばし、同じく値を飛ばしたアカツキ(3932)はストップ高で引けました。

一方、Gunosy(6047)が一時▲17%超安となる暴落となり、終値でも▲12%超下落しました。

青山 諭志

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。