【NYダウ】上昇率トップはキャタピラー。シスコと金融株が下落

週間騰落銘柄:2017年4月3日-7日

DW labs Incorporated / Shutterstock.com

NYダウはほぼ横ばい

2017年4月7日のNYダウ工業株30種平均(以下NYダウ)は、前週末比ほぼ横ばいで終わりました。同様に、NYダウ輸送株20種平均もほぼ横ばいで引けています。米国のシリア攻撃や米中首脳会談など政治イベントが相次ぎましたが、株価指数は横ばいで静かに終わっています。

上昇率トップはキャタピラー

NYダウ30銘柄のなかで、前週末比上昇率のトップ5社は次の通りです。

  1. キャタピラー(CAT)+3%
  2. シェブロン(CVX) +1%
  3. ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)+1%
  4. ウォルマート・ストアーズ(WMT) +1%
  5. ボーイング(BA) +1%

注目は、際立った上昇になったキャタピラーです。株式市場ではトランプ政権のインフラ関連投資の恩恵、建機需要の回復が注目されているようです。昨年末以来の株価パフォーマンスはNYダウに後れを取っていることから、出遅れ挽回が期待されていると見られます。

続きを読む

下落率トップはシスコ

次に、前週末比下落率のトップ5社を見ておきましょう。

  1. シスコ(CSCO)▲3%
  2. JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー(JPM)▲2%
  3. アメリカン・エキスプレス(AXP) ▲2%
  4. IBM(IBM) ▲1%
  5. ナイキ(NKE)▲1%

シスコは、NYダウ構成30銘柄のなかで今年に入り上位のパフォーマンスを上げてきました。特に、2月に発表されたQ2決算が好感され株価は堅調でしたが、ここにきてその揺り戻しが起きています。

また、下落率トップ5に金融株が2銘柄入っていることも注目しておきたいところです。

椎名 則夫

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
椎名 則夫

早稲田大学政治経済学部を卒業後、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。証券運用と法人融資に携わる。
シカゴ大学MBA取得。フィデリティ投信に入社、中小型株全般、医薬品・ヘルスケア、保険、通信、インターネットの企業調査に従事。その後モルガンスタンレー証券にて株・クレジットのリスク管理業務を行う。
日本証券アナリスト協会検定会員、CFA。