60代といえば、定年退職を迎えたり、教育費のかかる時期がひと段落したりと、金銭的な余裕がうまれやすいタイミング。

「還暦過ぎたら貯蓄のエンジンをかけよう」と意気込んでいる人も、いるかもしれません。

たしかに、最近では定年延長や再就職といった選択肢も増えてきています。

しかし、「60代になってから貯蓄しよう」という考えには注意が必要です。

今回は「貯蓄額ゼロの60代」にフォーカスをあてながら、熟年世代のお金事情をひもといていきます。