「年金格差」を理解し、「今から」自分で準備する

ここまで国民年金・厚生年金の受給額分布を男女別に見てきましたが、平均年金月額は、国民年金は男女ともに5万円台、厚生年金は男女ともに10万円以上という結果となりました。

自営業やフリーランスなどの国民年金のみを受給予定の方については、付加保険料の納付、国民年金基金への加入、繰下げ受給などで受給額を増やす工夫の検討は必須と言えるかもしれません。

また、厚生年金に加入されている方についても、国民年金よりも手厚い受給額が期待できるとはいえ、現役時代の稼ぎには及ばない年金額であることをふまえ、足らないものは「今から」準備できれば安心と言えるかもしれませんね。

老後必要となる生活資金はひとそれぞれです。まずは、自分が老後にいくら必要になるのかを考えることからスタートしてみてはいかがでしょうか。

準備すべき金額が明確になれば、目標に向かって「今から」準備するのです。しかし、残念ながら銀行などの預貯金に漠然と預けておくだけでは、効率よく資産を増やすことが難しい時代となっています。

そこで検討をおすすめしたいことのひとつが、「資産運用」です。

資産運用と聞くと、「元本保証がないし、ちょっと怖い……」と感じる方も多いでしょう。

金融商品や資産運用には様々なものがあります。また、効率よくお金を育てていくためには、その中からご自身に合うものをチョイスする必要があります。まずは情報収集からスタートしましょう。

気持ちを新たに新年度から、家計や貯蓄状況の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

参考資料