「老後の資金」準備のスタートは早めに!

今回は、60代に生じる「老後格差」の現状と要因について考えてきました。60代から資産運用を始める場合、リスク面を考慮すると選択肢が限られてくる可能性が高いといえます。よって、老後資金の準備はなるべく早めにスタートされることをお勧めします。

最近は、iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金))やつみたてNISAなど、少額から始められる資産運用もメジャーになってきましたね。どちらも、運用する商品(中身)は自分で選んでいく必要がありますので、ご自身の目標額や許容できるリスクに合ったものを選びましょう。

例えば、iDeCoの場合だと元本確保型の定期預金・保険商品や、元本保証がない投資信託が選べます。

どのような商品を選べばいいか迷われた方は、オンラインセミナーや無料相談などを活用してみましょう。効率よく情報収集ができます。

関連記事

参考資料

  • 金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和2年)」
  • iDeCo公式サイト

グイン 安季子