年末にかけて、ふるさと納税を検討される方が多くなる時期ですね。iDeCoを既に利用している方は、どこまでふるさと納税が利用できるのか?といった疑問も出るのではないでしょうか。

今回はみなさんが節税目的で注目されている、iDeCoとふるさと納税についてお話をしたいと思います。

それぞれの制度を確認しながら、併用した場合の注意点について確認しましょう。

iDeCoのメリットとは?

まず、iDeCoの税制のメリットは下記の通り。

続きを読む
  • 加入者が拠出した掛金額は、全額所得控除
  • 運用益は非課税
  • 給付時に控除

働く世代は、特に①の拠出時の掛け金の全額控除が関係してきますので、このケースでみていきたいと思います。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税の税制メリットは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限はあります)。

令和3年度課税における控除額の実績は約4311億円(対前年度比:約1.2倍)、控除適用者数は約552万人(同:約1.3倍)となっています。