私たちの将来に密接な関わりがある年金。将来いくら受給できるのか、想像がつかずに不安になりますよね。

年金には、自営業や専業主婦の方が受給する「国民年金」と、会社員や公務員の方などが受給する「厚生年金」があります。最近ではパートの方でも、一定規模以上の企業に勤めるなどの条件を満たせば厚生年金に加入できるようになりました。

特に厚生年金は、加入月数や収入に応じて受給額が変わるため、差が出やすいといわれています。実際にいまの年金給付状況を知ることは、老後を見据えた計画を立てる上で参考になるでしょう。

続きを読む

そこで本日は、FPの資格を持ちファイナンシャルアドバイザーの筆者の視点から、今のシニア世代の男女別の厚生年金の受給分布図のご紹介と、「正社員の夫とパート中心の妻」「夫婦ともに正社員」など夫婦の経歴の組み合わせ別の受給額も確認していきましょう。

【関連記事】共働きでも「なかなか貯まらない」家庭が長期休暇に見直したい習慣3つ

厚生年金、ひと月の男女別の受給額をチェック!

まずは厚生労働省年金局の「厚生年金保険・国民年金事業年報 令和元年度」から、厚生年金のひと月の受給額を男女に分けてみていきます。

厚生年金保険(第1号)【男性】年金月額階級別老齢年金受給権者数

  • ~5万円未満:15万977人
  • 5万円~10万円未満:97万6724人
  • 10万円~15万円未満:261万3866人
  • 15万円~20万円未満:436万9884人
  • 20万円~25万円未満:224万9128人
  • 25万円~30万円未満:28万8776人
  • 30万円以上:1万7626人

厚生年金保険(第1号)【女性】年金月額階級別老齢年金受給権者数

  • ~5万円未満:31万5100人
  • 5万円~10万円未満:234万1321人
  • 10万円~15万円未満:218万2510人
  • 15万円~20万円未満:41万2963人
  • 20万円~25万円未満:6万3539人
  • 25万円~30万円未満:4166人
  • 30万円以上:379人

※含む基礎年金(国民年金)月額

厚生年金の全体平均月額:14万4268円

  • 男子平均月額:16万4770円
  • 女子平均月額:10万3159円

男女別に見ると、ボリュームゾーン別の山ができている部分が異なるのが分かりますね。厚生年金は男性で最も多いのがひと月に17万円台。女性で最も多いのが9万円台と、女性の場合は月10万円以下となります。

受給権者数を比べても、男性は女性のおよそ2倍です。

ちなみに、国民年金の平均額は以下の通り。

国民年金の全体平均年金月額:5万5946円

  • 男子平均月額:5万8866円
  • 女子平均月額:5万3699円

国民年金は原則20歳以上の方が加入するもので、保険料は一律のため男女差がそれほどみられません。