おしゃれなカフェやレストランで見かけるオリーブの木。洋風のお部屋や流行りの北欧インテリアにもよく似合う、人気の観葉植物です。

樹形や葉の形など全体的にみてもバランスがよいのが特徴。実が収穫できるのも嬉しいところです。

本日はガーデニング歴20年のLIMO編集部員が、観葉植物として人気の「オリーブの木」について、育て方や気をつける点などをわかりやすくご紹介します。

【関連記事】おすすめ観葉植物「レモンの木」ベランダでも室内でも!もぎたて果実が手に入る

続きを読む

「オリーブの木」の基本情報

  • モクセイ科オリーブ属
  • 原産地:小アジアなど
  • 常緑中高木
  • 1本で結実する品種あり
  • 品種:ミッション、ルッカ、ネバディロブランコ、マンザニロ、ジャンボカラマタなど

拡大する

横張りのオリーブの木(LIMO編集部)

オリーブの木を育てるメリット

おしゃれなインテリアのお店やおウチには、必ずといっていいほど見かけるオリーブ。細長い葉、スッキリとした幹や枝ぶりが洋風の雰囲気で、あるだけでおしゃれ感がアップする観葉植物です。

光の加減で葉が銀色に光るようにも見え、青々しいというよりは落ち着いた色合いと雰囲気があります。そのため、北欧インテリアのような、おしゃれで落ち着いた雰囲気のお部屋にもよく似合います。

室内でも室外でも生育が可能で、シンボルツリーとして庭に地植えにしたり、玄関先に鉢植えで置いているお宅も見かけます。地植えだと2メートル以上に育つオリーブも。大きな木は見映えもいいので、迫力があります。