ドラマ「二月の勝者ー絶対合格の教室ー」では、中学受験がテーマとなっています。
小学生もしくは未就学の子どもがいる家庭にとって、一度は中学受験を考えたご家庭も多いのではないでしょうか。

文部科学省の「学校基本調査」によると、2019年度の私立中学校に通う生徒は約7.4%となっています。地域によって差がありトップ5は以下の通りです。

  • 東京都:25.0%
  • 高知県:18.1%
  • 京都府:13.4%
  • 奈良県:12.6%
  • 神奈川県:11.1%

そこで今回は私立中学受験について、費用を中心にお話ししたいと思います。

続きを読む

受験前の気になる費用は?

中学受験を考えている人のほとんどは、小学生から塾に通うことが一般的になっています。

大手中学受験塾の費用の一例は以下になります。

SAPIX

入学金:3万3000円+2か月分の授業料

授業料

  • 4年生:4万1800円
  • 5年生:5万2800円
  • 6年生:5万9950円

日能研

入塾金(4年生~):2万2000円

授業料

  • 4年生(Wコース・4科)2万900円
  • 5年生(Wコース・4科)2万6334円
  • 6年生(Mコース・4科)4万2768円

このように、小学校とは別の学習が必要になり、経済的負担は大きくなります。因みに文部科学省「平成30年度子どもの学習費調査の結果について」では、保護者が支出した1年あたりの公立小学校の経費は32万1281円です。

受験後の費用は?

文部科学省「平成30年度子どもの学習費調査の結果について」より保護者が支出した1年あたりの経費は私立中学校は140万6433円となっています。一方で、公立中学は48万8397円ですので約3倍です。

私立中学を過ごすためには、3年間で約420万必要となりそうです。