労務行政研究所は2021年10月13日、東証第1部上場企業の2021年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査の結果を公表しました。それによると、冬のボーナスは平均71万5553円となり、2019年以降3年連続で減少傾向となりました。

そこで今回はこの調査を詳しく見ていきます。

製造業は▲3.1%、⾮製造業は3.5%増に

同調査は、東証第1部上場企業208社を対象に、「夏冬型」の年間協定ですでに決定している年末賞与・⼀時⾦の妥結⽔準を調査・集計しています。それによると、全産業208社の平均で71万5553円、対前年同期⽐で▲1.9%(▲1万3971円)となりました。(図)

続きを読む

【図】2021年年末賞与・一時金の妥結水準集計(東証第1部上場企業208社)

拡大する

【出典】一般社団法人労務行政研究所「東証第1部上場企業の2021年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査」(2021年10月13日)

産業別に⾒ると、製造業は同▲3.1%、⾮製造業は同3.5%と傾向が分かれていることがわかります。