【怖い…】有名人を炎上させていたネットニュース記者、逆に自分が炎上してしまって - 奇妙な展開の漫画にツイッターで注目

copy URL

ツイ主さんインタビュー

――ネットニュースの記者のみならず、読者の皆さんとしてもドキッとする内容だったと思います

「過去に、ある有名人の悪口みたいなものを聞いてしまったメディアの関係者が腹を立てて、告げ口のように『コイツこんな酷いこと言ってました』という内容の記事をネットニュースにアップしているのを見たことがありました。

『正義のつもりか知らんけど、お前がこんな記事書かなかったら本人の耳に届くことはないねん。本人も聞きたくないやろ。ことを荒立てるな」と思ったのがずっと引っかかっておりまして、この漫画に込めました」。

――「怖い」という声や、中にはテレビドラマの「世にも奇妙な物語のよう」という人もいました

「多くの方に漫画を読んで頂けてるのが何より嬉しいです。こちらの漫画は、漫画アプリと『世にも奇妙な物語』が合同で開催した賞に応募したものなので、まさにそれなんです!よくぞ言ってくれました!ありがとうございます!という嬉しい感情です」

--

他人を貶めることが当たり前の社会では、いつしか自分が炎上させられる側に回ってしまうのかもしれませんね…。みなさんはどう思いましたか?

つみたてNISA100%活用術 無料オンラインセミナー

増田 雄三

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
増田 雄三

1980年生まれ、江戸川大学卒。モバイルコンテンツディレクターとして勤務した後、2008年に株式会社マイナビに入社。マイナビニュースにて記事広告の制作、広告営業、新規収益企画を経てライフスタイル情報を扱う編集者として従事。ツイッターやインスタグラムなどのSNSからネタを拾って記事を作ることが得意。現在はLIMO編集部で記事の企画・執筆などを行う。新しいことに手を出したがる気質で、TikTokのフォロワーが2800人を超えた。