【怖い…】有名人を炎上させていたネットニュース記者、逆に自分が炎上してしまって - 奇妙な展開の漫画にツイッターで注目

copy URL

インターネットの普及により、たくさんの情報があっという間に拡散されるようになりました。一方で、フェイクニュースの問題や、過度に批判が集まる“炎上”など、負の面にも注目が集まっています。もしあなたが“炎上”してしまったら…どうしますか?

【ゾッ】誰もいないベランダの窓をコンコンする音が…まさか不審者?SNSの投稿『本当に怖かった話』に注目

吉本興業に所属するピン芸人で、SNSに漫画を投稿している森本大百科さん(@mdaihyakka)。ツイッターに投稿した短編『炎上』が話題になっていました。

ネットニュースの記者が炎上?

主人公は、ネットニュースで記者をしているある男。事実を誇張するような記事を書き、有名人を炎上させることで注目を集める仕事をしていました。ところがあるとき…。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
増田 雄三

1980年生まれ、江戸川大学卒。モバイルコンテンツディレクターとして勤務した後、2008年に株式会社マイナビに入社。マイナビニュースにて記事広告の制作、広告営業、新規収益企画を経てライフスタイル情報を扱う編集者として従事。ツイッターやインスタグラムなどのSNSからネタを拾って記事を作ることが得意。現在はLIMO編集部で記事の企画・執筆などを行う。新しいことに手を出したがる気質で、TikTokのフォロワーが2800人を超えた。