「年収600万円世帯」の純貯蓄額はいくら? ~年収600万円のリアル~

umaruchan4678/shutterstock.com

copy URL

緊急事態宣言が解除され嬉しい反面、長引くコロナ禍の影響でお金の大切さを痛感している人も多いと思います。同時に「周りのみんなの年収はどのくらいだろう?」と気になることはありませんか?

他人のお財布事情は、いつの時代も気になるものですね。

ちなみに2021年9月に発表された「令和2年分 民間給与実態統計調査」によると、1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給与は433万円(男性532万円、女性293万円)とのこと。

続きを読む

世帯の状況にもよりますが、たとえば「年収600万円」というと、平均給与から考えても少しゆとりがある生活が送れるように感じるのではないでしょうか。

そこで今回は、約20年ファイナンシャルアドバイザーとして個人向け相談をお受けしている私から、年収600万円台の勤労世帯について、「本当の貯蓄額(=純貯蓄額)」を確認し、家族の姿にもフォーカスしてお話をしたいと思います。

年収600万円世帯の貯蓄額はどのくらい?

最新データである総務省「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2021年1~3月期 平均結果-(二人以上の世帯)」から、「年収600万円台」の勤労世帯について、貯蓄額とその内訳をみていきましょう。

年収600万~650万円・勤労世帯の貯蓄事情

平均貯蓄額:1157万円

〈貯蓄の内訳〉

  • 通貨性預貯金:394万円
  • 定期性預貯金:356万円
  • 生命保険など:288万円
  • 有価証券:76万円
  • 金融機関外:43万円

平均年収…622万円

年収650~700万円・勤労世帯の貯蓄

平均貯蓄額:974万円

〈貯蓄の内訳〉

  • 通貨性預貯金:383万円
  • 定期性預貯金:244万円
  • 生命保険など:199万円
  • 有価証券:129万円
  • 金融機関外:19万円

※平均年収…670万円

「年収600万円」世帯の貯蓄額は1000万円前後となっていることがわかりました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
高橋 明香

会計専門学校卒業後、和光証券株式会社(現みずほ証券株式会社)に入社。国内外株式、債券、投資信託、保険商品の販売を通じ、個人・法人顧客向けの資産運用コンサルティング業務に従事する。そのキャリアは20年に渡る。後進の育成にも注力し、教育・研修担当としても活躍。豊富な金融知識と親しみやすい性格で顧客からの信頼も厚い。現在は、個人向け資産運用のサポート業務を行う。CFP(Certified Financial Planner)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。