昔は「長生きは良いこと」とよく言われていましたが、「人生100年時代」と言われる今の時代では、「将来、長生きしたらどうしよう?」と不安の声をあげる人が増えています。多くの方が「年金だけでは生活が厳しいと聞くけれど、貯金もそれほどない」とお金の不安を口にされます。

実際に2019年に金融庁の発表した報告書の中で「老後2000万円問題」(老後、年金だけでは生活費が2000万円足りなくなるという指摘)が発表され、大きな話題を呼びましたよね。

続きを読む

そこで今回は、現在年金を受け取って生活をおくっている70代の方の年金と貯蓄事情を見ながら、私たちの老後について考えていきたいと思います。

70代、ひと月の年金はいくら?

ここでは、厚生労働省年金局「令和元年度(2019年度)厚生年金保険・国民年金事業の概況」をもとに70代の平均年金月額を確認していきましょう。

厚生年金保険(第1号)の平均年金月額

  • 70~74歳:14万6421円
  • 75~79歳:15万1963円

※厚生年金保険(第1号)の年金月額は、基礎年金(国民年金)月額を含みます。

国民年金の平均年金月額

  • 70~74歳:5万6697円
  • 75~79歳:5万5922円

厚生年金の主な受給者は、会社員や公務員など。国民年金の主な受給者は、自営業者やフリーランス、専業主婦となっております。

仮に、「夫が厚生年金・妻が国民年金の受給者」である場合、受け取る年金額はおよそ20万円前後。一方、「夫婦ともに厚生年金の受給者」である場合、受け取れる年金額は20万円後半台になりそうです。

しかし、女性は結婚・出産を経て正社員からパートへ働き方を変える方も多いので、一概に夫婦共働きでも将来の年金が20万円後半台になるとは言い切れないでしょう。

年金だけでは生活が厳しいとなると、老後のために貯めておいた貯蓄を切り崩す必要がでてきますが、70代の貯蓄はどうなっているのか確認をしていきましょう。