初心者でも育てやすい秋冬野菜オススメ3選!プランターでカンタン家庭菜園

Zayats Svetlana/Shutterstock.com

copy URL

夏野菜が終わり、秋に植える苗が続々と並び始めました。ホームセンターでよくみかけるのは、ブロッコリー、芽キャベツ、秋ナス、ねぎなど。春や夏のような華やかさはないですが、普段の食卓にも使えそうですよね。

ベランダでもプランターを使えば、手軽に家庭菜園を楽しめます。初心者の方もチャレンジしやすく、おすすめです。今回はガーデニング歴20年のLIMO編集部員が、秋からプランターで育てられる野菜についてご紹介します。

続きを読む

育てやすい秋冬野菜3選

今回紹介するのは、ブロッコリー、カブ、ホームオニオンの3種類です。

ブロッコリー

  • アブラナ科
  • 原産:地中海沿岸
  • 品種:シャスター、グリーンビューティ、緑帝、緑嶺、スティックセニョールなど
  • 参考価格:(苗)200円前後

植え付け
今の時期、ブロッコリーは苗から育てたほうがカンタンに収穫できます。ホームセンターなどで苗を手に入れましょう。

ブロッコリーの品種に「頂花蕾・側枝兼用」という品種があります。私達が普段食べているのは、ブロッコリーの頂点にできる「花蕾(からい)」。それを収穫して摘心すると、次は側枝を伸ばして再び花蕾をつける品種です。

また、スティックセニョールなどに代表される茎ブロッコリーは次々に側枝がのびるタイプで、茎が長く小さな花蕾をつけます。好みに応じて、育てる品種を選んでみるのもいいですね。

ブロッコリー苗は、鉢の深さ、直径ともに30センチ程度ある深型のプランターに一株植え付けます。植え付けが完了したら、たっぷり水をあげましょう。

肥料
株自体が大きくなり、葉がしっかりと成長するまでは水をきらさないようにしましょう。

栽培中は肥料を適宜施します。油かすや魚粉、米ぬかなどが入ったぼかし肥やバランスのとれた配合肥料などを施すとよいでしょう。液肥でもかまいません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、大手メディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い運営をしています。また、編集体制としての金融コンテンツ編集者のバックグラウンドは、金融機関勤務経験年数は延べ30年(2021年7月1日現在)で、編集者として日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)、第一種外務員(証券外務員一種)、AFPなどの金融プロフェッショナルとしての資格保有者が在籍しています。ネットメディアとしての沿革は、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。