「老後の2000万円」60代でクリアする世帯は何割?

Rita_Kochmarjova/shutterstock.com

copy URL

2019年に話題となった「老後2000万円問題」。果たして公的年金だけで老後安心して生活していけるかどうか不安に感じた方も多いかと思います。では実際のところはいかに……。

筆者は前職の証券会社勤務時代に、やはり60代のみなさまから同じようなお声を聞いてまいりました。「年金が少なくて困っているよ」「老後いくらあれば安心して暮らせるのかしら」といったご相談も。

今回は、老後の生活をスタートさせる60代の何割が「老後2000万円」クリアしているかに触れたあと、老後資金の準備についても考えていきます。

続きを読む

60代世帯「貯蓄2000万円以上」の割合は?

さっそく、60代で2000万円以上の貯蓄がある人の割合を見ていきましょう。

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和2年)」によると以下のようになります。

60代・二人以上世帯の「金融資産保有額」

(金融資産保有世帯のみ)

 

  • 100万円未満:4.3%・100~200万円未満:4.9%・200~300万円未満:4.9%
  • 300~400万円未満:4.0%・400~500万円未満:4.9%・500~700万円未満:6.5%
  • 700~1000万円未満:9.2%・1000~1500万円未満:9.2%・1500~2000万円未満:7.7%
  • 2000~3000万円未満:16.3%・3000万円以上:24.0%
  • 無回答:4.0%

平均:2154万円
中央値:1465万円

 

金融資産保有世帯だと、貯蓄2000万円以上あるのは全体の約4割という結果です。一方、半分の1000万円に到達していない世帯が約4割もあることも見逃せません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
宮内 勇資

専修大学商学部卒業後、水戸証券株式会社に入社。リテール営業に従事し、入社後より卓越した成績を残す。受賞歴多数。国内外株式、投資信託、債券などが得意分野。キャリアの途中からは人材育成にも携わり、主に若手社員の能力向上に大きく貢献した。現在は金融IT企業で個人向け資産運用のコンサルティング業務を行う。ヒアリングを重視したコンサルティングに定評がある。AFP(Affiliated Financial Planner)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。