60代「貯蓄の中身」を大解剖 ~これで老後を乗り切れる?~

norikko/shutterstock.com

copy URL

金融庁のレポートから端を発した「老後2000万円問題」。これをきっかけに、老後の入り口となる60代までに貯蓄を2000万円に掲げた人もいると思います。

実際に今の60代世帯は、どれくらいの貯蓄を保有しているのでしょうか。

そこで本日は、証券会社で約20年の経験をもち、現在はFPの資格保有者としてファイナンシャルアドバイスを行っている筆者の視点で、60代世帯の貯蓄の現状と、老後の必要なお金についてお話しさせていただきます。

続きを読む

60代の貯蓄割合をチェック

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年(2020年)調査結果」をもとに、現代の60代の貯蓄割合を確認しましょう。

【60代・二人以上世帯】「金融資産保有額」(金融資産を保有していない世帯を含む)

  • 金融資産非保有:18.3%
  • 100万円未満:3.5%
  • 100~200万円未満:4.0%
  • 200~300万円未満:4.0%
  • 300~400万円未満:3.3%
  • 400~500万円未満:4.0%
  • 500~700万円未満:5.3%
  • 700~1000万円未満:7.5%
  • 1000~1500万円未満:7.5%
  • 1500~2000万円未満:6.3%
  • 2000~3000万円未満:13.3%
  • 3000万円以上:19.6%
  • 無回答:3.3%

平均:1745万円
中央値:875万円

貯金2000万円以上をクリアしている世帯は32.9%。

「老後2000万円問題」が出たのは2019年ですが、現状で2000万円をクリアできている世帯は3割以上という結果でした。すべての世帯ではクリアできていないとい現状がお分かりいただけたかと思います。

気になるところは、100万円未満~1000万円未満の世帯は31.6%と、実は2000万円以上の世帯とほぼ同程度ということです。

そもそも金融資産を保有していない、貯蓄ゼロ世帯も18.3%と2割弱。

大きく分けると、2000万円をクリアした世帯が約3割、100万円未満~1000万未満の世帯が約3割、貯蓄ゼロ世帯も約2割と多いようです。

同じ60代世帯であっても、貯蓄格差があることがお判りいただけたかと思います。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
高橋 明香

会計専門学校卒業後、和光証券株式会社(現みずほ証券株式会社)に入社。国内外株式、債券、投資信託、保険商品の販売を通じ、個人・法人顧客向けの資産運用コンサルティング業務に従事する。そのキャリアは20年に渡る。後進の育成にも注力し、教育・研修担当としても活躍。豊富な金融知識と親しみやすい性格で顧客からの信頼も厚い。現在は、個人向け資産運用のサポート業務を行う。CFP(Certified Financial Planner)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。