【なるほど】子供たちがお風呂時間を楽しめる、“射的遊び”にツイッターで注目 - 手間ひまかからない内容に「楽しそう」の声

copy URL

国立成育医療研究センターの調査報告書によれば、6,116人の子供がいる保護者にコロナ禍での外出状況を聞いてみたところ、おおよそ5%の家庭で「まったく外出していない」、40%強で「生活必需品の買い物のために外出したが、それ以外では外出していない」と回答していることが分かりました。

多くのご家庭で、家の中でも楽しめる「親子のコミュニケーション」が必要であることが推察されますが、ならばこんな「射的遊び」はいかがでしょう?

普段から、8歳と5歳の姉妹の育児日記を漫画にし、ツイッターにアップしているimo-nakさん(@k_i_121)。投稿した、ある「おうち遊び」に注目が集まっていました。「この前やったおうち遊び!紹介するほど目新しい遊びでもないけど紹介します」という控えめなコメントと共に紹介されたのは、お風呂でできる「射的遊び」です。

今回は、こちらの「射的遊び」をご紹介します。みなさんのお家でも、ぜひ試してみては?

なんともシンプル

imo-nakさんが用意したのは、クリアファイル、ハサミ、そして油性ペン。クリアファイルを適当な大きさに切って、サインペンで点数やイラストを書いていきます。軽く濡らして、お風呂の壁に貼り付けると、簡易的な「的(まと)」が完成。あとは子供たち持参の水鉄砲で的を狙ってもらって、落ちたら点数ゲットというルール。なんともシンプルですね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
増田 雄三

1980年生まれ、江戸川大学卒。モバイルコンテンツディレクターとして勤務した後、2008年に株式会社マイナビに入社。マイナビニュースにて記事広告の制作、広告営業、新規収益企画を経てライフスタイル情報を扱う編集者として従事。ツイッターやインスタグラムなどのSNSからネタを拾って記事を作ることが得意。現在はLIMO編集部で記事の企画・執筆などを行う。新しいことに手を出したがる気質で、TikTokのフォロワーが2800人を超えた。