ヨドバシ、ビックの家電系が驚異的増収になった理由〜EC・通販市場が大幅拡大

beeboys / Shutterstock.com

copy URL

長引くコロナ禍の影響で外出自粛が続く中、EC・通販市場は「コロナ特需」といわれるほど大きく拡大しました。中でもヨドバシカメラやビックカメラをはじめ、多くの家電系企業が2桁の大幅増収を果たしています。これら企業が躍進した背景や、ヒット商品、在宅需要に即した顧客サービスなどを紹介します。

物販の2020年EC・通販市場は初めて10兆円を突破

外出自粛による巣ごもり需要が消費を後押しし、昨今のネットを軸とした通販市場は「コロナ特需」といえるほどの伸びを示しています。2020年に配布された一律10万円の特別定額給付金も高額商品の購入を促進させ、在宅時間の充実につながる商品を外出せずに入手できるEC・通販に人気が集まりました。

続きを読む

EC・通販が好調な動きは数字にも表れています。通販専門紙が8月にまとめた資料によれば、2020年におけるEC・通販の物販市場は上位509社合計で10兆2146億円と、初めて10兆円を超えました。前期に比べ、約16%増と大幅に拡大しています。

ヨドバシカメラやビックカメラなど家電系が勝ち組に

その通販専門紙が同時に公表した「通販・EC 2020年度売上高ランキング」を見ると、独走状態を維持するトップのアマゾンに続き、オフィス通販などの企業や家電系企業、テレビショッピング企業などが好調なことがわかります。

中でも家電系の躍進が目立ち、ヨドバシカメラやビックカメラ、上新電機といった実店舗を持つ企業や、ジャパネットたかたやストリームなどの通販専業企業が2桁増の大幅増収を果たしました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
渡辺 友絵

長年にわたり流通系専門紙編集部において取材や執筆、編集業務に従事し、通信販売・ネット通販専門紙の編集長を務める。官庁や各種業界団体、大手企業への取材を経験し、業界知識を生かしてビジネス系著書の発行、テレビ・ラジオ経済番組への出演、公演活動などを手がけた。その後、業界の人材育成を目指し、通信販売やネット通販にかかわる検定試験を行う一般社団法人を設立して代表理事に就任。テキストの執筆・編集、試験やセミナーの企画・運営などに従事した。現在はフリーのライター・編集者として、小売、EC、通販、金融、法律、教育、ジェンダーなどの記事をさまざまな紙媒体やWEB媒体に執筆している。現在、一般社団法人 ECネットワーク研究員、公益社団法人 日本印刷技術協会客員研究員、日本ダイレクトマーケティング学会 正会員・法務研究部会幹事。著書:『通販業界の動向とカラクリがよ~くわかる本』(秀和システム)ブログ:「通販研究所