【辛い&味変】夏のケンタッキー新メニュー。業績予想強気の日本KFC

写真はイメージです。Pavlovska Yevheniia / Shutterstock.com

copy URL

ケンタッキーと言えばもちろんフライドチキンですが、今月の新メニューではいつもと違った味のチキンを楽しめます。

辛いもの好きには嬉しいレッドホットチキンや、同時に3種のソースで「味変」を楽しめるディップパックなどが発売。暑い夏でも食欲をそそるメニューが並んでいるので、しばらく店に寄っていなかった人も試してみたくなるかもしれません。

飲食チェーンにとっては厳しいコロナ禍が続いていますが、ケンタッキーフライドチキンを運営する日本KFCの業績は好調なようです。デリバリー需要に支えられた業績についても見ていきましょう。

続きを読む

辛いメニューで食欲増進

夏バテで元気がないときは辛い食べ物が食欲増進に良いと言われますが、ケンタッキーフライドチキン(以下、KFC)では7月7日に「レッドホットチキン」が再登場。続いて7月14日には、やはり辛さが売りの新メニュー「ブラックホットサンド」を発売しました。

レッドホットチキンは辛さのレッドペッパーと香ばしさのホワイトペッパーを配合したチキンで、ハバネロ由来のキレのある辛さを感じることができます。レッドホットチキン2ピースとポテトS、ドリンクMが付いたセットメニューや、通常のオリジナルチキン2ピースが付いた「食べくらべ4ピースパック」などもあります。

一方のブラックホットサンドはバーガータイプのメニュー。特製辛口マヨソースは黒コショウとガーリックが効いたソースですが、刺激的な辛さを出すために黒コショウは粗挽きタイプとパウダータイプの2種類が使われているとのこと。数量限定とのことなので早めに試してみたいものです。

3種のソースで「味変」を楽しむ

ソースを付けて食べるというとマックのチキンナゲットを思い起こさせますが、KFCも7月21日からソースで「味変」を楽しむメニューを数量限定で提供しています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

化学メーカー勤務の研究開発職。総合化学専攻 修士。平日は研究に没頭し、休日は資格を活かした副業と株式投資を行う。「くらしとお金の経済メディア LIMO」「株の窓口」に寄稿。ファイナンシャルプランナー2級、簿記2級。株式投資歴6年、趣味は街歩きと読書。