60歳定年後、働くシニアの給与はどのくらい?【高齢者雇用の実態】

copy URL

人生100年時代と言われる今、定年後のセカンドライフは長く、その間の生活費を現役時代の貯蓄と年金だけで賄うことは難しくなってきているのではないでしょうか。

実際、定年後も働くシニアは増えてきており、仕事で老後の生活費を稼ぐというスタイルも珍しくないようです。また、「70歳までの就労機会確保を企業の努力義務とする」という改正高齢者雇用安定法も今年4月から施行されています。

そんな中、日本労働組合総連合会(連合)は昨年1月、「高齢者雇用に関する調査2000」の結果を発表(対象:全国の45歳~69歳の有職者)。現役世代や働くシニアに、60歳以降の働き方に関する意識や実態を聞いています。気になる給与や勤務時間など、その内容を見てみましょう。

続きを読む

何歳まで働きたいか、働く理由は何か

全回答者(1,000人)に、今後、何歳まで働きたいと思うか聞いたところ、平均は67.4歳。

回答者の年齢別でみると、現役で働く世代は以下の通り。

  • 45歳~49歳:66.3歳
  • 50歳~54歳:66.2歳
  • 55歳~59歳:65.7歳

働きたいと思う年齢は、年金受給ができる65歳を意識していることが窺えます。

ところが、65歳目前になると平均は上昇します。

  • 60歳~64歳:67.8歳
  • 65歳~69歳:71.1歳

このように、年金の受給資格がある65歳~69歳では70歳を超えています。働けるうちは働きたいという気持ちの表れかもしれません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 中野 令子
  • ファイナンシャルプランナー/コラムニスト

1級ファイナンシャル・プランニング技能士。大手証券会社で約17年勤務。個人と法人向けに金融商品の販売に従事。現在は家業を手伝うかたわら、資産運用や保険のコンサルを行う。毎日の生活の中にあるお金をテーマに「くらしとお金の経済メディア LIMO」に執筆するほか、「女性の老後のためのメディア ミュゲ」の監修者として活動中。難しくて敬遠しがちな金融のしくみについて、わかりやすく説明。プライベートでは2児の母として、奮闘する毎日。