【スノーピーク】シンプルでタフな構造の焚火台が人気

copy URL

焚火台Lスターターセットの特徴

それでは早速、焚火台Lスターターセットの特徴を紹介していきます。

基本スペック

まずは基本スペックをおさえておきましょう。

(画像は公式サイトでご確認ください。)

  • 価格:2万7280円(税込)
  • サイズ:焚火台L/455×455×315(h)mm、焚火台ベースプレート/450×450×9(h)mm、炭床Pro L/310×310×20(h)mm、焚火台L コンプリート収納ケース/700×590×70(h)mm
  • 重量:焚火台L/5.5 kg、焚火台ベースプレート/1.9kg、炭床Pro L/重量:3.9kg、焚火台L コンプリート収納ケース/0.6kg

おすすめポイント

板材には1.5mm幅のステンレスを採用しています。脚もステンレスパイプの4本脚で、衝撃や熱をしっかり受け止めることができます。三角板材とパイプは溶接加工技術によって確実に接合され、強大な熱量にもへこたれることなく使用できます。焚火台の上部に並ぶ空気穴は視覚的デザイン性も持ちながら、空気を取り入れて燃焼を促す効果があります。

焚火台Lスターターセットの口コミ

焚火台Lスターターセットの口コミをいくつか紹介します。

  • 「夫婦二人なのでMでBBQして、Lで焚火、ダッチオーブンなどに利用してます。ワイルドに使用しても頑丈だし、この重量感がたまらない。」
  • 「燃えやすいし、広いからヤカンも突っ込めて便利だし、なにしろカッコ良いので、大満足でした!」
  • 「太い薪が燃えてる様子は、これぞ焚き火!!持ち運びは重いけど、変えられない楽しみになってます。」

このように、購入者の満足度の高い商品になっていることがわかります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

専門学校を卒業後、印刷会社にてBtoB、キャリア代理店にてBtoCの営業を経験。その後、IT企業の営業職に従事。2年間の東日本と西日本を駆け回る生活を経て、「日本における働きがいのある会社」ランキングにもランクインしたベンチャーグループに入社。インサイドセールスを経験しながら、デジタル広告の運用を兼任した後、Webメディア立ち上げや運営に6年間従事。Webマーケティングが専門。現在は、LIMO編集部において、記事の執筆やコンテンツ作成を中心に行っている。映像音響処理技術者認定試験合格、舞台機構調整技能士3級、クレジットカードマニア、加熱式たばこ愛煙家