厚生年金と国民年金だけで老後は乗り切れる?

ho ura/shutterstock.com/

copy URL

ゆとりある老後を過ごすための、収入の柱である年金。現役世代のあなたは、年金が将来どれだけ支給されるか、考えたことはあるでしょうか。

多忙な日々を過ごす中で、定年後にもらえる年金について意識している人は少ないでしょう。

そこで今回は、年金が将来いくらもらえそうかをみていきます。また、老後の生活を安心して暮らすために今からはじめられる資産形成についても解説していきます。

「厚生年金」は平均いくら?

会社員や公務員など、サラリーマンがもらえるのが厚生年金です。

続きを読む

2020年12月に厚生労働省が公表した「令和元年(2019年)度厚生年金・国民年金事業の概況」によると、厚生年金は平均で月14万4268円。内訳をみると、男性は16万4770円、女性は10万3159円となっています。

それでは、厚生年金をいくら受け取っているか、人数も合わせてチェックしていきます。

厚生年金:男性

  • ~5万円未満…15万977人
  • 5万円以上~10万円未満…97万6724人
  • 10万円以上~15万円未満…261万3866人
  • 15万円以上~20万円未満…436万9884人
  • 20万円以上~25万円未満…224万9128人
  • 25万円以上~30万円未満…28万8776人
  • 30万円以上…1万7626人

厚生年金:女性

  • ~5万円未満…31万5100人
  • 5万円以上~10万円未満…234万1321人
  • 10万円以上~15万円未満…218万2510人
  • 15万円以上~20万円未満…41万2963人
  • 20万円以上~25万円未満…6万3539人
  • 25万円以上~30万円未満…4166人
  • 30万円以上…379人

年金の受給額は5万円未満から30万円以上と、大きく差があることがわかります。厚生年金は、現役世代の収入などによって、受給額が変わってくるためです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

中央大学法学部出身。大学卒業後、一部上場大手IT企業を経て、2013年からは厚生労働省の記者クラブにて、医療や介護などの社会保障を取り扱う専門紙の新聞記者として約3年勤務。主な取材先は厚生労働省や財務省などの関連省庁や国会議員など。高齢者の医療・介護保険の普及のために、難解な制度をわかりやすくまとめて発信。その後、GMOインターネットグループや弁護士ドットコム株式会社をはじめとする複数のIT企業にて、経営者向けメディア、バックオフィスや弁護士、税理士など士業向けの転職支援メディア、ITガジェット系のウェブメディアなどのオウンドメディアの立ち上げを経験。編集畑での10年以上のコンテンツ経験を活かすべく、現在はLIMO編集部所属。