60代以上・無職世帯「貯蓄・負債」の平均額 ~老後のお金、どう準備する?~

copy URL

また、現役時代にはゆっくり楽しめなかった旅行や趣味、友人との付き合い、お孫さんへのおこづかい、といった「お楽しみ支出」は、できるだけケチりたくない、という方も多いでしょう。

これらは、老後の暮らしに張り合いを与える、ゆとりある暮らしのための「必要経費」ともいえそうですね。

理想の老後のライフスタイルは人それぞれですし、健康状態についても個人差があります。とはいえ、多くの世帯が、「2000万円」に上乗せして老後資金を準備していく必要がある、ということは確かであるといえそうです。

では「老後資金」をどうやって準備する?

ここまでのお話で、「老後資金」は一朝一夕で準備できる類いのものではない、ということはお分かりいただけたかと思います。

ここからは、その具体的な方法について触れていきます。

仮にいま30代、40代の現役世代のみなさんが、60歳までにまとまった老後資金を貯める場合、準備期間は20年から30年ですね。では、この年数で「3000万円」を準備する方法を考えます。

預貯金で3000万円を準備する場合

まず「3000万円」を預貯金だけで用意した場合を考えてみましょう。

たとえば、タンス預金など、まったく金利が付かない前提であれば、毎月欠かさず約8万3000円から12万5000円を積み立てていく必要があります。

すべての世帯が、簡単に続けられる貯蓄額とはいえないかもしれませんね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 鶴田 綾
  • ファイナンシャルアドバイザー

福岡女学院大学卒。卒業後まもなく渡米、1年の留学生活の後、日本郵便株式会社にてリテール営業に従事。特に生命保険の販売では商品分析を得意とし、豊富な商品知識を持つ。お金の悩みに徹底的に寄り添う姿勢で顧客からの信頼も厚い。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。