厚生年金「ひと月30万円以上」受給する人の割合

copy URL

「自分は年金を、どのくらいもらえそうか」

「厚生年金は国民年金よりも手厚い」というイメージは、もちろん間違いではありません。しかし、実際の受給額には年金加入期間や現役時代の収入が反映されますので、老後に受け取る額は人それぞれです。

グラフからもイメージできるように、男女間の格差、そして受給権者全体においても、年金月額には大きな幅があります。

また、内訳を詳しく見ると、年金月額が20万円以上の人の割合は男性で24.0%、女性で12.8%です。一方で10万円未満の人の割合は、男性で10.6%、女性で49.9%となりました。

「会社勤めで厚生年金に加入していた時期はあるが、現在はフリーランスである」「子育てとの両立のため、仕事のペースを落としたため、収入もダウンした」といったケースでは、想定したよりも受給額が低くなる可能性は大いにあるでしょう。

また、仮に60歳までしっかり厚生年金に加入していた場合でも、年齢とともに収入が上がっていくとは限りません。

将来の年金額の目安は、「ねんきんネット」や、「ねんきん定期便」で確認できます。老後を見据えたマネープランを立てる際の参考となるでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。