「孫の教育」への口出しがツラい…価値観が違う祖父母との付き合い方

copy URL

少子化の影響で、孫の存在は特別なものになっています。「才能を引き出そう」「しっかり勉強する子になってほしい」と、親以上に前のめりになる祖父母も珍しくありません。

コロナ禍以前の2019年のことですが、塾の説明会に祖父母が聞きに来ている家庭を見かけたことがあります。テキストの中身を真剣にチェックする、その姿に驚いたものです。

孫を思ってくれる気持ちは嬉しい反面、あまりに介入されるとストレスにもなります。なぜ祖父母が孫の教育に前のめりになってしまうのか、その背景および付き合い方について考えます。

続きを読む

孫の存在感が高まっている

昭和や平成前半は、孫が大勢いるのは珍しくはありませんでした。しかし、核家族化や少子化に晩婚化、そして未婚率の上昇に伴い、おのずと孫の数は減少しています。双方の祖父母にとって孫が1人または2人、ということも今は少なくないでしょう。

ひと昔前なら、祖父母の思いもたくさんいる孫の間で分散していました。もちろん、祖父母も人間です。特定の孫をかわいがることもあったでしょうが、現代社会では数少ない孫に関心が”一点集中”する傾向が強まっています。

さらに、経済的に余裕のある祖父母による教育費支援も世に浸透しつつあります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

公立大学を卒業後、大手学習塾で講師を6年間務める。塾講師と自らの子育ての経験を元に教育関連の記事を執筆するほか、個人ブログ「透明教育ママ見参!!」やYouTubeチャンネル「透明教育ママ 中山まち子」で情報発信をしている。「くらしとお金の経済メディアLIMO」のほか、「アーバン ライフ メトロ」「アクセス進学」に連載中。