主婦も脱帽【ファミマ】で買える「108円冷凍食品」手間省けてコスパ最高

毎日行われる食事の用意でよく活用される冷凍食品。肉や魚、お惣菜や野菜などバリエーションも豊富で、使いたい分だけとりわけができるなど使い勝手もいいですよね。

今はコンビニでも冷凍食品が買え、しかも味もよく値段もお手頃価格です。その中で今回はファミリーマートの冷凍食品に注目してみましょう。

なんとたっぷり使える冷凍食品が108円(税込)で買えるのです。

ファミリーマート、実は上場廃止に!

2020年10月7日に発表になった(株)ファミリーマートの「2021年2月期 第2四半期決算短信〔IFRS〕(連結)」(2020年3月1日~2020年8月31日)を見ると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による外出自粛の動きの影響もあり、営業収益は2,356億8,900万円(前年同期 比11.2%減)、事業利益(注)は321億8,900万円(同30.5%減)となりました。また当第2四半期連結会計期間末の国内店舗数は16,634店(国内エリアフランチャイザー3社計925店を含む)となっています。

(株)ファミリーマートの「当社株式の上場廃止に関するお知らせ 」にもありますが、(株)ファミリーマートは、2020年11月12日をもって上場廃止となりました。そのため「2021年2月期 第2四半期決算短信〔IFRS〕(連結)」以降は公表されていません。

では親会社である伊藤忠商事はどうかというと、が2021年5月10日に発表した「2021年2月期 第2四半期決算短信〔IFRS〕(連結)」(2020年4月1日〜2021年 3月31日)を見ると、収益(外部顧客からの収益)前期比6,203億円(5.6%)減収の10兆3,626億円、売上総利益は前期比170億円(0.9%)減益の1兆7,807億円、日本の会計慣行に基づく営業利益(売上総利益、販売費および一般管理費、貸倒損失の合計)は前期比40億円(1.0%)増益の4,034億円となりました。

コンビニ業界では第3位の売上

また各業界の売り上げや水をリサーチしている業界動向サーチによると、「コンビニ業界の売上高ランキング(2019-2020年)」で、セブン&アイ・ホールディングス、ローソンに続き、ファミリーマートは5,170億円で第3位となっています。

110円(税込)の日用品や毎年人気になるフラッペを販売するなど、注目されるファミリーマート。その中で使い勝手がよくコスパもいいイチオシの冷凍食品を3つ紹介していきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
川崎 さちえ

茨城大学教育学部卒。2004年からヤフオク!をスタートさせ、独自のノウハウを構築。現在は、ネットオークションだけではなくメルカリなどのフリマアプリでも実践的なノウハウを研究しつつ、ユーザーとして出品や購入の経験を積む。家計を守る身としての節約術やお得情報、さらに時短につながるようなアイテムにも敏感。高校生と中学生の子どもの母親として、子育てやお金について日々模索中。
All About(オールアバウト)フリマアプリ・ネットオークションガイド:川崎 さちえ Instagram:sachie_kawasaki Facebook:川崎 さちえ