定年前後50代〜70代が老後のためにやっている資産形成の方法

copy URL

どんな資産形成をしているのか?

ここまでで、資産形成がシニアライフにプラスに働いている可能性があることがわかりました。気になるのは、資産形成といっても具体的にはどのような取り組みなのか、ということではないでしょうか。

シニア予備軍とシニアに、どのような資産形成に取り組んでいるか(取り組んでいたか)を聞いたところ、図表3のような結果になりました。

図表3:取り組んでいる(取り組んでいた)資産形成の方法

拡大する

出所:大和ネクスト銀行の調査をもとに編集部作成


全体として「円預金」がも最も多く、シニア予備軍で53.9%、シニアで67.0%となっています。とはいっても、現在の低金利下では円預金で増える金額はほんのわずか。そのため、株式投資や投資信託といったリスクをとる資産形成をしている人も20%前後いることがわかります。

具体的には、シニア予備軍でが株式投資が20.8%、投資信託が16.1%。シニアでは株式投資が29.8%、投資信託が21.8%となっています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

経済学部卒業後、クレジットカード・投資(株・FX)などの金融系コンテンツを得意とするフリーランスのライターとして活動。「くらしとお金の経済メディア LIMO」「マネ会 by Ameba」など複数メディアに寄稿中。お金のスキルをもとに、女性ならではの目線での節約方法についても発信している。簿記2級、ビジネス会計検定2級を保有。