70代「円熟シニアの年金・貯金」理想の老後はどう描く

New Africa/shutterstock.com

70代といえば、多くの人がすでに現役生活からリタイヤされ、家族との時間や趣味をのんびり楽しまれる方が多い印象です。

2019年にいわゆる「老後2000万円問題」が話題となりました。現役世代のみなさんの中には、リタイヤまでにこの金額を貯めておこう、と目標を立てていらっしゃるご家庭もあるでしょう。

ここでクローズアップされた2000万円は、多くのご家庭にとってすぐに準備できる金額ではありません。「自分にはとうていそんな金額、準備できない…」と思わず肩を落としてしまった、という方もいらっしゃるのでは?

続きを読む

先行きが見えないコロナ禍。老後のこと、とりわけお金に関する漠然とした不安を抱える方も多いはずです。

では、現在すでに年金生活を送っている70代のみなさんは、この「2000万円」ほどの貯蓄を確保できているのでしょうか。また、老後の生活にはどのくらいのお金が必要になりそうでしょうか。

今回は、70代世帯のお金事情について、貯金と年金にフォーカスしながらお話していきます。

70代「みんなの貯蓄額」はどのくらい?

それでは、さっそく70代のみなさんの貯蓄事情を見ていきましょう。

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]令和2年(2020年)調査結果」を参考にします。

70歳以上の金融資産保有額
(金融資産を保有していない世帯を含む)

  • 平均:1786万円
  • 中央値:1000万円

平均値は一部の大きな(もしくは小さな)な数値に引っ張られて、数値が大きくなりがちです。一方、中央値はデータを大きい順(もしくは小さい順)に並べてちょうど真ん中にくる数値です。よって、平均より中央値のほうが、より実態に近い数値であるといえるでしょう。

そこで今回は中央値を見てみると、70代の貯蓄額は1000万円ですね。冒頭で少し触れた2000万円の半分ほどです。

では、貯蓄とともに老後の生活を支える原資となる「公的年金」についても、次で見ていきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 鶴田 綾
  • ファイナンシャルアドバイザー

福岡女学院大学卒。卒業後まもなく渡米、1年の留学生活の後、日本郵便株式会社にてリテール営業に従事。特に生命保険の販売では商品分析を得意とし、豊富な商品知識を持つ。お金の悩みに徹底的に寄り添う姿勢で顧客からの信頼も厚い。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。