そこまでして働かなきゃダメ? ワーママが働く気力を見失うとき

そこまでして、働かなきゃダメなの…?

このセリフ、子供を育てながら仕事を始めようとしている女性や、実際に働いている女性なら一度は自問自答したことがあるのではないでしょうか。

毎日マルチタスクで家事・育児・仕事をやりくりしていると、不意に働くこと自体に意味を見いだせなくなる瞬間もあるもの。今回は、筆者周辺のワーママが、働く意欲を見失ったシチュエーションと、どう乗り越えたのかをご紹介します。

希望の保育園に入れなかったとき

続きを読む

Nさんは、正社員としてメーカーのマーケティング部に勤務している女性。入社5年目で産休・育休を取得し、子供の1歳の誕生日に復帰する予定でした。Nさんが暮らす街は、子育て世代が集う新しい住宅街。Nさん同様、正社員として働くママも多く、保育園激戦区です。

そんな状況を知り、Nさんは出産直後から近隣にある園を片っ端から見学。地域の子育てサークルにも入って、情報収集を徹底して行いました。少しでも子供が楽しく過ごせる環境を、そして、なんとか1歳のタイミングで仕事復帰できますように…と祈るような思いで申請書類を提出したと言います。

そして迎えた、保育園の入園可否発表の日。届いた通知には、第5希望の保育園に入園決定との記載が…。

「同じように保育園の結果待ちをしていたママ友たちからは『うちはダメだったけど、入れてよかったね!』と言われたけど、正直、ここに預けるぐらいなら落ちた方がよかったというのが本音でした」

Nさんが入園できることになったのは、ビルの一室を保育室に改装した認可外の小規模保育施設。保育室とトイレが近いため匂いが気になったり、日当たりが悪く日中も薄暗かったりと、何かと気になる点が多い施設でした。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

公立大学を卒業後、大手メーカーに9年間勤務。営業・営業事務として働きながら、結婚、出産、育休復帰からのフルタイム勤務を経験。自由な働き方を求めライターに転向後、「くらしとお金の経済 LIMO」「moneliy(マネリー)」など複数のウェブメディアで執筆中。