【イケア】129円でお洒落「レインボーカラーバッグ」登場。多様性を尊重した取組み

スウェーデンで誕生し、いまや世界中にファンを持つIKEA(イケア)。昨年から続く新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、在宅ワークやおうち時間に注目が集まり、新たにイケアで家具を買いそろえたという人も多いのではないでしょうか。

そんなイケアでは、2021年4月15日より多様性を尊重する社会の実現を支援するため、レインボーカラーのアイテムを全国のイケア店舗、IKEAオンラインストアで順次販売開始。登場したレインボーカラーバッグは早くも話題となっているようです。

*****************

スウェーデンで誕生し、今では家具世界最大手という位置づけの「IKEA」。2021年01月15日の官報に掲載された「イケア・ジャパン株式会社 第19期決算公告」によりますと、第19期は売上高が867億4400万円 で2.68%増、営業利益は19億3200万円 で黒字転換となりました。

2021年5月1日には、IKEA新宿がオープン。イケアは都市への進出を続けており、東京で3店舗目となるシティショップ(都心型店舗)となります。こちらの店舗では日本のイケアで初めて量り売りでデリメニューを提供する「スウェーデン バイツ」(Swedish Bite)も誕生するなど、今までにない試みがはじまるようです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

ファッションメディアの編集者として15年キャリアを積む。国内外のファッションウィーク「Paris」「NY」 「London」「Sydney」「Tokyo」で取材や撮影も行う。現在、トレンドを先読みする視点を活かし、ファッションやライフスタイルのメディアで編集者として活躍する。