最後の「貯めどき・稼ぎどき!?」50代みんなの貯蓄額

totojang1977/shutterstock.com

copy URL

定年退職までのカウントダウンが始まる人も多い50代は、還暦以降の暮らしやお金について、具体的に考え始める人が増える時期でもあります。

若い世代のみなさんにとっては、老後の話なんてまだまだ遠い先のことに思えるかもしれませんね。でも、仕事や子育てで目まぐるしく過ぎる毎日。気が付いたらあっという間に定年退職までのカウントダウンが始まっていた…という先輩方の声もちらほら聞こえてきます。

「老後資金」の準備は、早めに始めるに越したことはありません。とはいえ、教育費や住宅ローンなど、目前の出費を優先せざるを得ない時期も当然あるでしょう。それらのコアな出費が落ち着いた50代以降、老後資金の貯蓄に本腰を入れる予定、というご家庭も珍しくないはずです。

続きを読む

そこで今回は、いまどきの50代の「お金事情」についてながめていきます。

「50代は稼ぎどき」って本当?

さいしょに、50代の「収入」について触れておきましょう。

国税庁が公表している「民間給与実態統計調査(令和元年分)」(2019年)で、各業種の平均給与を追っていくと、「宿泊業・飲食サービス業」「電気・ガス・熱供給・水道業」以外の「最も高い平均給与」の年代は、すべて「50~54歳」「55~59歳」のいずれかとなっています。

多くの業界において、50代で給与額のピークを迎えていることが窺えます。次では、50代の貯蓄事情についても確認します。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。