すでに品切れも。新作「ミズノのマスク」前作「ブレスサーモタイプ」との違いは?

マスクが欠かせない生活になった今、デザインや機能性でマスクを選ぶことが多くなりましたよね。販売するお店もたくさんあって、100円ショップで買えることも。値段も手頃なマスクが多いので、お洒落アイテムの1つになってきています。

またスポーツメーカーからも機能性のあるマスクが販売されていて、筆者は以前からミズノのブレスサーモタイプを使っています。そして今回新作が出たので、この2つの使用感や耳あたり、呼吸のしやすさ、価格などを比較していきます。

ミズノってどんな会社なの?業績は?

「ミズノ」と言うとスポーツメーカーとしての知名度が高く、アスリートたちがミズノの商品を使っていることも少なくありません。ホームページの企業概要を見ると、会社名が「美津濃株式会社」となっていました。筆者はてっきり「ミズノ」とカタカナ表記だと思っていたので漢字であることにびっくりです。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でスポーツイベントが中止になっている今、美津濃(株)(以下、ミズノ)の業績が気になるところですね。2021年2月8日に発表になった「第108期第3四半期報告書」(2020年10月1日〜2020年12月31日)によると売上高は159億6,600万円減収(前年同期比13.0%減)の1,067億3500 万円、営業利益は29億4,600万円減益(前年同期比67.0%減)の14億4,800万円、経常利益は18億500万円減益(前年同期比40.5%減)の26億4,800万円となりました。

COVID-19の影響を大きく受けているミズノですが、マスク需要でマウスカバーなどは好調に推移しています。そんなミズノのマウスカバーに、新しい柄が登場しています。筆者は以前から販売されているブレスサーモマスクカバーを使っていて、気温が高くなってきたので新しいマウスカバーに変更しました。そこで今回の記事でこの2つを比較をしてきたいと思います。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
川崎 さちえ

茨城大学教育学部卒。2004年からヤフオク!をスタートさせ、独自のノウハウを構築。現在は、ネットオークションだけではなくメルカリなどのフリマアプリでも実践的なノウハウを研究しつつ、ユーザーとして出品や購入の経験を積む。家計を守る身としての節約術やお得情報、さらに時短につながるようなアイテムにも敏感。高校生と中学生の子どもの母親として、子育てやお金について日々模索中。
All About(オールアバウト)フリマアプリ・ネットオークションガイド:川崎 さちえ Instagram:sachie_kawasaki Facebook:川崎 さちえ